【驚愕レンチン】チーズ鱈がパリサクおつまみに大変身! 魚肉ソーセージの電子レンジ調理も新食感で凄いぞ

ec01

鱈のすり身でチーズを挟んだ「チーズ鱈」は知らない人はいないと言えるほどポピュラーなおつまみ。今までに一度も食べたことがないという人もあまりいないのではないでしょうか。

そんなチーズ鱈は、実は電子レンジによる調理で全く違った食感に変化させることができるのをご存知でしょうか。今回は、「チーズ鱈のレンジ焼き」を紹介します。ちなみに「チーズ鱈」はなとりの商標。類似製品は「チーズ鱈」とは名乗ることができず、「チーズ鱈」と名のつくものは全てなとり製です。

01「チーズ鱈のレンジ焼き」に用意するのはもちろん「チーズ鱈」。

02電子レンジでの調理は、チーズ鱈をお皿の上に並べて加熱するだけと非常に簡単。じゅうぶんに間隔をあけてそれぞれを配置するのがポイントです。

03電子レンジでの加熱は3分程度を目安にすると良いでしょう。焼け具合を見て、3分で足りないようであればさらに加熱します。

04出来あがった「チーズ鱈のレンジ焼き」がこちら。チーズ部分が広がり、元のチーズ鱈とは結構ビジュアルも変化します。加熱前にそれぞれを離しておくのは、溶け広がるチーズ鱈同士が繋がってしまうのを防ぐためであります。

05ソフトな食感のチーズ鱈がカリカリ、サクサクとしたスティック状に変化。加熱されたチーズと鱈のすり身は香ばしさもあり、本体のチーズ鱈とはまた違った味わいでお酒にもよく合う味わいになっています。

06先の手順ではお皿に直接チーズ鱈を置いたため、加熱されたチーズ貼りついてしまい剥がすのが少し手間になってしまいます。貼りつきを防ぐためにはクッキングペーパーなんかを敷いておくと万全です。

07カリッとした焼き上がりはクッキングシートの有無によらず同じですが、剥がして食べやすく、食後の皿洗いも断然楽。クッキングペーパーを使用して試してみるのがオススメです。

08焼き上がったチーズ鱈の裏面はこのようになっています。気泡が多く入っているので、カリッとした歯触りに加え軽い食感が楽しめます。

09手軽に手に入るチーズ鱈がちょっとした電子レンジ調理で今までとは全く違った食感で楽しめる「チーズ鱈のレンジ焼き」。チーズ味のスナックなどカリッとしたチーズの味わいや食感が好きな人はもちろん、普段食べているチーズ鱈のちょっと変わった食べ方を試してみたいという人にはオススメです。手順はこれまでに紹介した通りお皿の上に並べて加熱するだけと非常に簡単で誰でもすぐに試せますよ!

次ページでは応用編を紹介!