任天堂イズムの源流は「ボードゲーム」にあり? ファミコン以前のアナログゲームコレクション!

2015122322

任天堂といえば世界屈指のビデオゲーム会社なわけですが、ファミリーコンピュータ以前はさまざまなボードゲーム、つまりアナログゲームを手掛ける会社だったことはご存知でしょうか(比較的有名な花札はそのひとつですね!)。

いったいどんな商品を販売していたのでしょう。同社のファンならちょいと気になる「ファミコン以前の任天堂商品」。そこで、先日お届けした「紙のニンテンドーグッズ・コレクション」に引き続き、世界屈指の任天堂研究家/コレクターである山崎功氏に、これまた激レアな任天堂製ボードゲームを紹介していただきました!(編集部)

ゲーム開発の源流!? ボードゲーム編

コンピューターゲーム以前、ゲームの主役はアナログのボードゲームだった。任天堂も実は、1950年代後半から70年代にかけ、100種類以上にもおよぶボードゲームを販売していたのだ。当初はディズニーを中心とした版権モノや、オーソドックスなものが多かったが、やがて立体的な造形物をリアルに再現し、ゲーム性に富んだものを作るように。ひとつで2種類のゲームが遊べるマルチプレイ方式も、このころに採用。

ボードゲームはひとりプレイができないので、必然的に家族や友達とわいわい遊ぶことになる。男女問わず幅広い年齢層に支持される任天堂ゲームの源流は、ボードゲームからも見えてくる。現在でも麻雀や将棋・囲碁などの伝統的なボードゲームは販売されているので、この機会に遊んでみてはどうだろか。

運命ゲーム

2015122301

2015122302

1969年に発売された任天堂版の人生ゲームとも呼べる逸品。当時はヒットを記録した。

ソノゲーム

2015122304

ソノシートをレコードプレイヤーにかけ、音楽を聴きながらボードゲームを楽しむ変りダネ。

ミニゲームシリーズ(五ならべ、大小ゲーム、玉つきゲーム)

201512230720151223052015122306

70種類以上も発売されたハンディタイプのシリーズ。ボードゲームもたくさん登場した。

現金輸送ゲーム

2015122308

2015122309

1968年に起きた「3億円事件」がモチーフに。丸い盤面が特徴のシリーズで、5種類が登場。

ツイスターゲーム

2015122310

米国でヒットしたパーティーゲームを任天堂が日本で初輸入。当時の日本人には馴染めなかった。

ディズニーランドゲーム

2015122311

2015122312

日本にディズニーランドがない時代に、ディズニーの世界を再現。同シリーズは数多く販売された。

ショッピングゲーム

2015122313

2015122314

厚さ数ミリのビニールを広げるとボードゲームに早変わり。手軽に持ち運んで遊べるのが特徴。

任天堂の役満

2015122316

任天堂の麻雀牌ブランド。歴史が古く、写真は当時人気だった大橋巨泉とのコラボ商品。

ナポレオン

2015122315

五目ならべに似たゲーム。キャッチコピーは「このゲームに不可能ということはない!」だった。

スター誕生ゲーム

2015122317

2015122318

任天堂では珍しい少女マンガタッチのボードゲーム。女の子の夢と現実をうまくミックスしている。

ルーレット

2015122320

2015122319

本格的なカジノを再現したハイクオリティな作りが特徴。様々なバリエーションが登場し、ロングセラーに。

 

「紙のニンテンドー」グッズ激レアコレクション!!

nintendo_11