【Web漫画】このヒロインがコミュ障すぎる! 『ふらら一人でできませんっ』は何もできなさすぎ美少女が可愛い……かも?

manga0105

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

渡邉ポポ『ふらら一人でできませんっ』 月刊のアクション連載

『干物妹!うまるちゃん』や『デレマス』の杏など、引きこもりのぐーたら美少女キャラって最近じゃ定番ですよね。そういう「何もしたくない」系残念ヒロインの他に、『さくら荘のペットな彼女』のましろや『極黒のブリュンヒルデ』の全身不随の子など、一人じゃ「何もできない」系ヒロインも多いじゃないですか。どちらもお好きな方、多いと存じます。そういう御仁に狙い定めすぎな漫画、ありましたよ……!

女子高生の琴平錦は、幼なじみの甘宮ふららといつも一緒。ところがふららは、登下校をするのも自販機でジュースを買うのも通販の荷物を受け取るのも一人じゃできない超内気な無口っ子。人にいつも頼りっぱなしで悪びれもしないふららに錦は手を焼きっぱなし!

アホ毛ヒロインのふららが何がしかの物事ができずに涙ぐんだ赤面でひたすら困り果て、「……」の無言吹き出しの連続とともに、擬声語で「きゅうう」「うー」「ふん」「うにー」「ふぬー」などとゆるい鳴き声を発し続けるフォーマットの日常ギャグ。友達の子が「それぐらいは一人でできろよ!」とツッコミを入れつつ結局は世話を焼き、ふららの反省の素振りない子供らしさと規格外のコミュ障ぶりの可愛さに焦点を当てまくったエピソードが展開されます。

コンビニのトイレが借りられず若干漏らす、母の日のプレゼントを渡すのが恥ずかしくて買ったそばからギフトラッピングを破き捨てる、校門前で登校を拒否して友達の自転車の後部座席でジタバタ暴れ靴を脱ぎ頑として降りないなど、発語能力の無さとあわせて「これあかんやつでは?」と戦慄させる場面もしきり。「やりたくない」系の傍若無人なわがままヒロインの態度と「マジでできない」系の超絶コミュ障要素を組み合わせた結果、逆に「こういう子いるよね」というキャラになってます。

デフォルメがきいたキャラクターを対照的にカッチリ描き込んだ背景の大ゴマの中に映し、そこでふららの無言の間と鳴き声の感情表現をじっくり描いて、変に生々しい空気感が感じられるコミュ障表現をしているのが特徴的。「会話が苦手な子ってこういう成立してない意思表示の仕方するよね」感や「それを受ける相手側もリアクションに困るよね」感、その場に漂う不思議な緊張感までも絶妙に再現しているのがスゴいです。

コミックハイ!での不定期連載の後、現在は漫画アクションに連載中。月刊のアクションで3話まで試し読みが公開中です。月刊のアクションには美少女化した祖母を介護する漫画もあるし、イイ個性派ヒロイン揃ってますね! 「あれ、可愛いのでは?」感と同時に妙にヒリヒリした読み味も楽しめる、新機軸ヒロインギャグとなっておりますよ!

今すぐ読む!

『ふらら一人でできませんっ』掲載情報

・作者:渡邉ポポ
・掲載メディア:月刊のアクション

ほかのおすすめWebマンガをチェック!