【Web漫画】ブラック&キュートな小学生ギャグ! 人気作『りとる・けいおす』はさすがの完成度のコメディだった

manga0107

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

涼川りん『りとる・けいおす』 月刊のアクション連載

月刊のアクションは1月現在、「冬の大マンガ祭」と称して漫画アクションなどの連載作を毎日無料配信中。なかでも注目なのは、惜しまれつつも完結した人気ギャグ漫画『りとる・けいおす』の再掲載。これがなかなかの良作なんですよ!

舞台はとある小学校。転校生のポニテ少女・ゆずが友達になったのは、ぬべーっとしたアホ面をしたあきちゃんとクールな黒髪ショートのうきっぺ。おませでちょっとおバカな二人にゆずは振りまわされっぱなしで!?

女子小学生を主人公にした美少女もの日常ギャグは『みつどもえ』ほか色々あるけど、中でも本作はデフォルメの抑揚と尖ったギャグセンスが特徴的。口と鼻を省略して一見簡素なキャラデザインながら、太めな主線のよれ方や描線の粗密、タッチの変化といった効果に富んでマンガ表現はかなり自在。ファッションのディティールの豊かさ含め、デザインセンスと異様な絵の上手さで女子小学生のリアルな存在感と突飛なギャグの演出に成功しております。

フォーマットは8P程度の1話完結ショートコメディで、極端なデフォルメから極端な写実的カットへのギャップで主に見せる方向性。話題になった三段論法のエピソードをはじめ、ネタのチョイスも多彩だけど、青年誌センスでとらえた「おませな小学生」ギャグは特に秀逸。ニコ生でゲーテの『ファウスト』を朗読する、レディコミのエッチさにはしゃいでたらマルキ・ド・サドを読んでる友達がいたなど、ネタの選び方にしても見せ方にしてもクレバーでしっかり楽しませてくれます。

同作者の『あそびあそばせ』はよりエッジを立たせた出来ですが、本作もなかなかの完成度。公開中の試し読みで気になったら単行本もぜひどうぞ!

今すぐ読む! 

『りとる・けいおす』掲載情報

・作者:涼川りん
・掲載メディア:月刊のアクション

ほかのおすすめWebマンガをチェック!