焼きそば? 油そば? 『ぶぶか辛みそ油そば』は辛みそ×マヨネーズの“味わいピリ辛”なボリューム満点カップ麺!

01

この1月より発売中の新作カップ麺「明星 ぶぶか 辛みそ油そば」。ラーメン・油そばの人気店“ぶぶか”の監修によるコラボで、これまでにも発売されてきた「明星 ぶぶか 油そば」「明星 ぶぶか 肉だれ油そば」に続く商品となっています。

唐辛子マヨや辛みそといった気になる調味料も使用された、専門店監修のカップ油そばがどのような味わいなのかは“ぶぶか”ファンならずとも気になるところでしょう。今回はそんな「明星 ぶぶか 辛みそ油そば」を試してみました!

02かやくははじめから麺と一緒にカップの中に入っているタイプで、他には「液体ソース」「辛みそ」「特製マヨ」の3つの袋が入っています。3つとも湯切り後に使用することになります。

03作り方は、熱湯を注いで3分待ったのち湯切り口からお湯を捨てるカップ焼きそばタイプ。

04液体ソースを湯切りを終えた麺全体にいきわたるように混ぜ合わせた後、辛みそを絞りだすとこのようになります。辛みそはかなり赤く、いかにも辛そうなビジュアルです。

05続いて唐辛子入りの特製マヨネーズをかけて行きます。“マヨビーム・ノズル”から特製マヨネーズが飛び出る勢いがよく作業が楽しい一方、偏りなく全体にマヨネーズを広げやすいのが特徴です。

063つの調味料をすべて加えたら「明星 ぶぶか 辛みそ油そば」完成。太麺130グラムは見た目からしてけっこうなボリューム感です。

07

液体スープは醤油味で甘めの味付けですが、辛みそと特製マヨネーズはいずれもピリッとした辛さ。ただ辛いだけではなく、辛みそには味噌ならではの甘味があり、特製マヨネーズには玉子のまろやかさも感じられる複雑で濃厚な味わいになっています。辛みそと特製マヨネーズは、よく混ぜて全体に広げても、あえて混ぜずに食べる部分によって味わいが変わるのを楽しむのも良し。具として入ったキャベツや角切りの肉でも、中心となる麺に食感や味わいの変化が加わります。

少し縮れた形の太麺はもっちりとした歯ごたえが楽しめます。しっかりと存在感のある麺と、そこによく絡んだ3種類のソースがお互いを引き立て合い相性は抜群。麺のボリューム感に加え、液体ソースに含まれた油分もありカップのサイズ以上に食べ応えがあるのも特徴ですが、辛みそとマヨネーズのピリ辛な味わいでしつこくなりすぎず飽きずに食べられるのではないでしょうか。

醤油、味噌、マヨネーズといった調味料と唐辛子による辛さと甘さ、塩辛さの複雑な味わいが楽しめる「明星 ぶぶか 辛みそ油そば」。普段から油そばを良く食べるという人や監修の“ぶぶか”ファンはもちろん、ボリュームあるカップ麺を試してみたいという人にもオススメです。

「明星 ぶぶか 辛みそ油そば」はスーパーやコンビニなどで現在販売中で希望小売価格は218円、熱量は777kcal。見た目や食べ応え通りにカロリーもカップ麺としては重量級なので、体重を気にしている人はよく考えてから食べるのが良いかもしれません。

<参考リンク>
明星 ぶぶか 辛みそ油そば : 明星食品