【Web漫画】こじれた青春の後始末――『青春のアフター』が鬱展開てんこ盛りの予感で期待大!

0111manga

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

緑のルーペ『青春のアフター』 月刊のアクション連載

NTR(寝取られ展開)ってお好きですか? オタの方々の性嗜好の中でも独特のマゾヒズムとメランコリーに彩られた特殊で難解なジャンルですが、成人誌でそういう重い展開をすることに定評のある作家が一般誌で描いた結果、わりあい誰でもワクワクして読める(ハズ)の恋愛漫画になった作品がこちらです!

主人公は周囲を見下し日々を過ごす高校生・鳥羽まこと。分厚い本を読んで誰とも交わらぬ様子の十和さくら(ピンク髪)と拗ね者同士で寄り添い合い、片思いをこじらせるも、さくらは実はパツキンのチャラ男・倉橋にゾッコン。鳥羽を拒絶したさくらは突然その場で姿を消す――16年後、30代になって彼女もできた鳥羽の前に、高校生の姿のままタイムスリップしてきたさくらが現れた!

お題はずばり「中年の時分にいまさら初恋の少女と再会したら」。いかにもちょい文学入ったエロゲっぽいダーク青春漫画……から入って、その後日談の物語を内省的に膨らませた青年誌作品となっております。『ビューティフル・ドリーマー』を持ち出すまでもなく、オタという人種は延々と楽しい学生時代を反復すべく学園青春ものの美少女コンテンツを消費し続けるものでして、本作一巻の帯文句「こじれた青春の歪んだ後始末」はそこに対する自己反省も意識させるキャッチコピーです。

32歳になった鳥羽は、彼女のみい子&高校生まんまのさくらと3人暮らしスタート。いい大人になったんだし、高校時代の片思い相手に今更向き合うのも面倒臭い……とは言いつつも未練はタラタラ。というところで視点人物はさくらに移り、再び一人タイムスリップ。さくらと瓜二つの女性・梅子をさくらの代わりとズッコンバッコンする、大学生と思しき鳥羽の退廃的な性生活を目撃してしまう。

まだまだ謎が多いけども、エグい展開で読者を刺そうとする作風は確固としており、なにより特異な問題意識が光る一作。ちょい年季の入ったオタの人はもちろん、「はあ」という人も予想がつかない展開を楽しんでみてはいかがでしょうか!

 ⇒今すぐ読む!

『青春のアフター』掲載情報

・作者:緑のルーペ
・掲載メディア:青春のアフター

ほかのおすすめWebマンガをチェック!