【Web漫画】『アイカツ』『プリパラ』ファンの心理を描く!? 『少年☆少女☆レアカード』は異色のアイドルゲーム×少女漫画!

manga0115

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

山名沢湖『少年☆少女☆レアカード』 月刊のアクション連載

3Dのアイドルが踊るリズムゲームって、楽しいですよね。『デレステ』もサイコーだけど、『オシャレ魔女 ラブandベリー』に始まるTCG方式の女児向けアーケードリズムゲーム群――『プリティーリズム』『アイカツ!』『プリパラ』『オトカドール』、どれも可愛くて成人男性でも楽しめすぎる! そんなアイカツおじさん的感覚を汲むような漫画が、「男性向け少女漫画誌」を謳うコミックハイ!(休刊)に載っていたようですよ。

妹の世話と家事に追われる中2女子・真那(まさな)は、ショッピングモールにあったアイドルゲーム「キャラメル☆ガール☆ミュージック」に思わずドハマリ! 翌日、真那の下駄箱になぜかそのゲームの衣装カードが。それを入れたのは学園のプリンス春人さま。実は隠れ「キャラ☆ミュ」プレイヤーだった春人さまは、真那を待ち構えるようにゲームコーナーに出没し始めた!?

ゲームシステムや筐体のデザインを見るに、主なイメージソースは連載当時人気かつ作者がプレイしていると思しき『アイカツ!』だけど、前述の別タイトルまで射程に収めて、このジャンルのプレイヤーのプレイ感覚に焦点を当てた珍しい漫画。女児向けゲームにハマる気恥ずかしさ、なかなかコーデの揃わないもどかしさ、男性プレイヤーの存在などなど、何かと結構具体的で現代性はまずバッチリです。

ところがその切り取り方は、古き良きベタベタな少女漫画的感性バリバリ。微妙な状況にある思春期の少女を主人公に、ゲーム画面内で踊るプレイヤーキャラへの投影や共感といった感情の機微を描き、心理描写はなかなかに繊細。残念イケメンのキャラ付けも奇をてらいすぎてないし……題材は現代的なのに調理の仕方は古典的という不思議な読み味がハマります。

ずばりネタ元ゲームのコミカライズが載るような学年誌や少女誌に載っててもおかしくないのに、載らない理由も確かに分かる、良い意味で微妙すぎるバランス感覚。ある程度客観的にキッズ文化を、それに魅せられてしまう自分を省みる視点のあり方が、まさに男性のための少女漫画という趣きを醸してます。さすが数々のヘンな名作(ぽてまよとか)を生み出したコミックハイ!、ちょっと難解だけど良い漫画を残してくれます!

1月現在、月刊のアクション「冬の大マンガ祭り」のラインナップのひとつとして、3~4日ペース更新で無料公開中。この機会にぜひどうぞ!

今すぐ読む!

『少年☆少女☆レアカード』掲載情報

・作者:山名沢湖
・掲載メディア:月刊のアクション

ほかのおすすめWebマンガをチェック!