おまえ自由の女神やない、タヌキや! “あの大きな袋”を隠しきれてないガチャガチャについて

ガチャガチャ、それは100円玉数枚で味わう、ちょっとだけ非日常な瞬間。

そしてガチャガチャとの出会いはけっこう一期一会。そのうち回せばいっか…などと思っているうちに、いつの間にか別のものに入れ替わっていた!なんてこともよくあります。

そこで、面白そうなガチャガチャを見かけたら、その場で1回、回してみよう! というのが本記事のコンセプト。

さて、今回見かけたのは『たぬきの置きもの』です。

『たぬきの置きもの』概要

gacha019_02

価格:1回200円 メーカー:EPOCH社 ラインナップ:全8種類

  • たぬきの置きもの
  • たぬきの置きもの(ボールチェーンタイプ)
  • 酔いどれたぬき
  • ソムリエたぬき
  • 自由のたぬき
  • あらいぐまの置きもの
  • あらいぐまの置きもの(ボールチェーンタイプ)
  • シークレット

EPOCH社さんの商品ページより)

でございます。

レッツ、ガチャガチャ!

渋めの居酒屋などの軒先に鎮座していたりする信楽焼のたぬき。編み笠を被り、徳利と通帳を持ち、ちょっと首を傾げている姿が定番のイメージですね。「たぬき=他を抜く」という語呂から、縁起物として商店に置かれるようになったとか。あの下半身の大きな袋は金運を呼ぶんだそうです。

そんなたぬきの置きものがカプセルトイに!? 商売繁盛を祈願しつつ1回ガチャガチャ!

gacha019_03

……して出てきたのは「自由のたぬき」。

gacha019_04

松明の代わりに徳利を掲げ(先っちょが金色なのが芸が細かい!)、独立宣言書の代わりに手帳を抱えています。その表情もどこか誇らしげ……ていうか、どうしてこうなった!?

gacha019_05

やっぱり袋は大事ですよね! その真ん中に、ちんまりとしたものも確認できます。

gacha019_06

後ろからパチリ。編み笠のディティールはこんな感じ。

gacha019_07

説明書より。左から3番めの「酔いどれたぬき」がかわいいですねー。それにしても、この流れでシークレットって、いったい何だろう……気になる!

というわけで、見かけたらぜひガチャガチャしてみてください!

イケメンゴリラにひたすら壁ドンさせてみた

2015121613