【Web漫画】少年ジャンプ+の新作は熱血系アニメ業界マンガ! 『デッド・オア・アニメーション』……続きが気になる!

20150127mangab

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

天望良一『デッド・オア・アニメーション』 少年ジャンプ+連載

アニメ業界モノの漫画やアニメ、地味に面白いですよね。最近じゃ『SHIROBAKO』が白眉で、「こういうのもっと見たいな!」って気分の方も多いんじゃないでしょうか。『アニメーション制作進行くろみちゃん』とかに遡るのもいいですけど、少年ジャンプ+でまたちょっと変わった切り口のアニメ業界マンガが始まってますよ!

青森育ちの高校生・純はアニメ監督になる夢を抱き、家業を捨てて東京へ。制作会社ムゲンプロダクションの入社試験に赴くが、伝説級アニメーター・江本裏(うらら)に「才能ねえから死ね」と一蹴される。それでもしがみついて制作進行に滑りこんだ純だが、江本には「一ヶ月で辞めさせてやる」と宣言され……アニメ業界という戦場で田舎少年は生き残れるのか!?

それこそ『SHIROBAKO』は女の子数人を主人公に青春ものとお仕事ものを両立させた現代的な切り口だったけど、こちらはお上りのお絵かき小僧がひたすら夢を追い駆けて次々デカい障壁が立ち塞がるという、超古典的な少年マンガテイストです。

具体的には母親が病床に臥せってやたら吐血してるとか、田舎だから深夜アニメがやってなくて同じファミリー向けアニメが延々再放送してるとか(青森はキテレツ県だった?)、「東京では見切れないぐらいアニメがやっているらしいがオラには関係ない話だ」と劣等感を抱くとか、古風を通り越して「君にdアニメストアと契約する権利をあげよう」と言ってあげたくなるほど素朴! 似たシチュエーションなのにイヤな現代性だけでゴリ押してくる『神えしにっし』とは真逆の方向性です。主人公がアニメ監督を目指す動機も、児童向けアニメを見て「キャラクターがまるで生きてるみたいでスゲえ!」とか超プリミティブな感動で押してきます。や、王道ですが……

リアリティとファンタジーをいい具合に両立させたクレバーな先達が多い難しいジャンルで、あえて直球にケレン重視の熱血テイストに寄せてかえって新鮮な読み味を獲得している印象がある本作。読んでみる価値アリですよ!

今すぐ読む! 

『デッド・オア・アニメーション』掲載情報

・作者:天望良一
・掲載メディア:少年ジャンプ+(隔週金曜日更新)

必読! おすすめ無料マンガまとめレビュー

バックナンバー

おすすめ無料マンガレビューのバックナンバーはこちらから