【Web漫画】『団地ともお』の小田扉が描く傑作不条理SF! 『江豆町』がイイ味出して特別無料公開中!

20160131manga

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

小田扉『江豆町』 ぽこぽこ連載

アニメ化もされた長期連載作、『団地ともお』で知られる漫画家・小田扉。その代表作の印象で、ファミリーでも見れるようなほのぼのホームドラマが得意な人なのかな? なんて思いがちだけど、過去作を見るとなかなか一筋縄ではいかない漫画を描いてます。中でも傑作とファンの間で名高いのが、クイックジャパンで2002年から連載された本作。完全版単行本の刊行に先駆け、ぽこぽこで無料公開中です!

舞台は日本のどこかにある江豆町。一見ごく普通の町ながら、月を見上げるだけの夏祭り、百年前から続く持ち回り制の町新聞、動き出す犬の像、狼に育てられた少年の噂、別世界から現れた謎の老人、500年の刑期に服する亡国の王子など、そこは奇妙な習俗や人物が数知れず存在する不可思議な土地だった。

そんな江豆町のSF(少し不思議)な日常が短編連作の形式で描かれる本作。ごく普通の町の人々を主人公に、コメディタッチのご町内ドラマを素朴な筆致で描くと同時に、そこに降りかかる何やら奇妙な出来事の顛末をどこか突き放した温度感で見つめる、ショートショート小説のような読み味の作品です。

簡潔な掛け合いとモノローグで繋がれた的確なコマ割りで、流れるように読ませる筆力。ヒューマニスティックなドラマと不思議に同居する不条理なストーリー。難解なのは否めないのに肩肘張らず楽しく読める、ベテラン作家独自のセンスが光りまくった一作となっておりますよ!

今すぐ読む!

『江豆町』掲載情報

・作者:小田扉
・掲載メディア:ぽこぽこ

ほかのおすすめWebマンガをチェック!

 

必読! おすすめ無料マンガまとめレビュー

バックナンバー

おすすめ無料マンガレビューのバックナンバーはこちらから