涙がこぼれるほど美しい「夜空の写真」と「想像もつかない数字」の話

ns000(撮影地:野辺山高原/撮影:古勝数彦)

つい先日、「太陽系に9番目の惑星の可能性が!」というニュースが話題になりましたが、この新惑星、太陽をグルリと1周する公転周期が1万~2万年なんだとか。普通に暮らしていると想像しにくい周期ですが、こんな数字がポンポン出てくるのが、宇宙の話の面白いところ。ということで、夜空を見上げるのが楽しくなる、数字をキーワードとした天文知識を集めてみました。美しい夜空の写真もあわせてお楽しみください!

宇宙の星の数は……100垓個

宇宙には銀河が約1000億あり、銀河1つに対して約1000億の恒星があると考えられています。ということは、1000億×1000億。「0」が22個の「10000000000000000000000」で、単位は「京(けい)」の次の「垓(がい)」。なんと、約100垓もの恒星があるということです。ちなみに、世界中の砂浜の砂の数は「約10垓」らしいのですが、その10倍。…って、とんでもない数字ですね。

ns001▲左上に見えるぼんやりした星の集まりが大マゼラン雲(下)と小マゼラン雲(上)。それぞれ有名な銀河のひとつ。(撮影地:テカポ/撮影:船橋弘範)

 

恐竜も見ることのできなかった星がある

例えば、オリオン座を構成する星のひとつ、ベテルギウス(赤い星)は、1000万年近く前に誕生したと考えられています。恐竜が地球上に現れたのはおよそ2億数千万年前で、6500万年前には絶滅しています。つまり、恐竜たちは、べテルギウスを見ることなく滅びたということです。宇宙を語るときの時間の単位も、1000万年、2億数千万年、6500万年と、途方もない数字ですね。

ns002▲オリオン座の左上の赤い星がべテルギウス。(撮影地:いすみ市/撮影:前田徳彦)

惑星は太陽系以外に2000個ある

現在、太陽系以外の惑星は2000個ほど見つかっています。例えば、ペガスス座51番星のまわりに惑星があることがわかっていますが、この惑星が発見されたのは1995年。太陽をまわる惑星以外で初めて発見された惑星ですが、意外と最近のことです。それにしても、太陽系以外の惑星に思いをめぐらせると、地球外生命体の可能性なども頭をよぎりますよね。実にロマンチック。

ns003▲太陽系の惑星は肉眼でも観察可能。月の左下に見えるのが金星(左)と木星(右)。(撮影地:堂ヶ島/撮影:谷明洋)

 

月までの距離は地球30個分……飛行機なら16日間フライト

月は地球から平均で約38万km先にあります。地球の直径は約1万2700kmなので、月は地球30個分ほど先にあるということです。仮に、飛行機(時速1000km)で行ったとすると、到着するのは約16日後。ちなみに、歩いたら約11年の距離。そう考えると、月って意外と近いかも!?

ns004▲月は地球から地球30個分先にある。(撮影地:ピーク/撮影:竹之内貴裕)

 

月がなかったら地球の1日は8時間だった

地球の1日が8時間だったかもしれません。現在、地球は24時間で1回転するため、1日は24時間です。これは月が地球の自転を遅くした結果であり、月ができる前は1日が8時間であったと考えられています。そうなると、いま20歳の人は60歳ですね。

ns005▲潮の満ち引きがあるのも月のおかげ。(撮影地:南房総/撮影:鈴木祐二郎)

美しすぎる夜空の写真がいっぱい! 『世界でいちばん素敵な夜空の教室

「夜のひみつ、星のふしぎ」が満載! 監修はギネスで世界一に認定されたプラネタリウムのある多摩六都科学館の天文チーム、写真は星空の風景写真を専門にしている日本星景写真協会。 誰もが一度は思ったことのある、夜空や星にまつわるさまざまな疑問を、美しい星景写真とともに、やさしく解説した書籍です!

彗星が現れるとワインが美味くなる――ちょっとロマンチックな星空トーク

2016021103

奇跡の星空写真をまとめてみたよ!

yozora03-02

 満月の明るさは「マイナス13等星」!? いますぐ夜空を見上げたくなる星にまつわる数字のハナシ 

2016013041(撮影地:和歌山県・周参見/撮影:鳥羽聖朋)