東大開発サプリ『体力式アミノ酸』で体力回復! スポーツのお供&栄養補助にいかが?

2016021133

疲れたカラダにアミノ酸。もしくは疲れる前のアミノ酸。人間の筋肉を構成するアミノ酸を補給すれば、筋疲労の回復を早めることができるわけで、その補給を効率化できるサプリメントをお探しの方、東京大学が開発した『体力式アミノ酸』はいかがでしょうか。

2016021139

こちらが東大出の顆粒型サプリメント『体力式アミノ酸』。2006年に発売されて以来、効果テキメンとリピーターを増やしている人気サプリです。1箱14包入り、2,270円也。東京大学コミュニケーションセンター(本郷キャンパス)やそのオンラインショップインターメディアテク(東京・丸の内のKITTE内)で購入できます。

2016021135

商品説明によると、東大がアミノ酸の摂取と栄養効果に関する研究に取り組み始めたのが1992年。以降、育成にアミノ酸を用いた競走馬「アミノスタローン」(すげー名前!)が東京シティ競馬で6勝したり、シドニー五輪(2000年)開催の頃にはスポーツ選手が栄養補助剤として摂取するようになったりと、着々と実績を積み上げてきたそうな。アミノ酸研究の第一人者である大谷勝東京大学大学院特任教授は、テレビ番組などでもおなじみですね。

2016021136

1箱に14包、1包あたり約162円。1日1〜3包の摂取が推奨されておりまして、3包/日の消費だと1カ月約14,580円かかる計算。3包/日はジム通いが日課だったりするような、運動量の多い人向きですかね〜。

2016021134

1包あたり3.8グラムで15kcal。含まれるアミノ酸は3.0グラム(ロイシン、イソロイシン、バリン、グルタミン、アルギニン等)。

2016021137

このような顆粒タイプで、水と一緒に飲むのですが、ライム味でけっこうおいしい。

ジムでちょいキツめの筋トレをした後や、ロードバイクに乗る前(100km走るぞ〜)など、運動前後に飲むと、確かに翌日のカラダに重みが残っていないような。運動をしなくても、夜寝る前なんかに飲んでおくと、目覚めがよかったりもします。

もちろん効果に個人差はあるのでしょうけど、この手の栄養補助剤をお探しでしたら、いちど東大ブランドのサプリメント『体力式アミノ酸』を試してみるのはアリでしょう。ちなみに乾杯式アミノ酸という姉妹品も販売中。こちらが目的とする効果はだいたい想像できますね。宴会シーズン向きでしょうか。

<参考リンク>
体力式アミノ酸(UTCCオンライン)

ライフログ好きを刺激するフィットネストラッカー『Atlas Wristband』を試してみた

2016020801