【100円贅沢】柚子にトマトに蜜柑まで、ダイソーのドライフルーツ6種類を食べてみた!

DSC_3226

果実の甘味と栄養成分が凝縮されていて美味しいけど、ちょっぴりお値段が高い印象があるドライフルーツ。実は100円ショップにも結構ラインナップされており、意外と美味しいと評判なんです。今回は百均のダイソーのプライベートブランド・ダイソーセレクトのドライフルーツ6種類を一挙ご紹介。ホントに美味しいのか試してみました!

①『ドライフルーツ オレンジ』 オススメ度:★★★☆☆

DSC_3163

まずは定番のオレンジから。1袋30g入りでカロリーは99kcal。砂糖とクエン酸が添加されてます。価格はもちろん税抜100円!

DSC_3199

パッケージのイメージとは異なり結構赤味が強い見た目で、ブラッドオレンジのようにも見えます。しかしお味は甘味よりも酸味と苦味が主役。硬めの皮付き果肉を噛むたびじわじわ効いて、あとを引く美味しさ! ドライフルーツ特有のクセや甘さがしつこくないので、オレンジの苦味がイケる人ならハマりそうです。

②『数量限定 ドライフルーツみかん』 オススメ度:★★☆☆☆

DSC_3161

オレンジと柑橘繋がりで見ていくと、なんと蜜柑のドライフルーツが数量限定で発売中! ドライの蜜柑はあまり見かけないのでワクワクです。1袋30gでカロリーは99kcal。

DSC_3191

こちらも皮まで丸ごと乾燥しており、パリッとした薄皮をかじると実の甘酸っぱさがぐっと舌に広がり美味しい! ただ原材料に表示された亜硫酸塩か、蜜柑の皮が粉を吹いたか、ちょっと粉っぽいクセがあるのが気になるかも。とはいえこの独特の食感はなかなか魅力的です。

③『ドライフルーツ レモン』 オススメ度:★★★☆☆

 

DSC_3164

お次はレモン、結構色々揃ってますね。1袋30g入りでカロリーは103kcal。開封すると薄くカットされたレモンの薄皮同士がくっついてひとかたまりになって出てきました。

DSC_3215

食感は硬めで、オレンジと同じく噛むたび皮の苦味と旨味がじわじわ効くタイプ。一口目は特有の爽やかさが凝縮されすぎて薬っぽい風味になってるのが気になりましたが、その印象はすぐに引き、きつすぎない酸味とさりげない甘味が皮をグニグニ味わうほど増して全然アリ! 果実部分はさすがに少なめですが、レモンの皮の食感と爽やかさをじっくり楽しめるのはなかなか新鮮。確かに今のところ、どれもちゃんと美味しいです!

次ページでは柚子と桃とトマトが登場!