再配達を待つ必要ナシ! 時間を気にせずコンビニで荷物を受け取るテクニック ~ 佐川急便編

ec03
ネットショッピングほか通販などで宅配便で送られてくる荷物は、通常は家に配達されるのを待って受け取る必要があります。荷物が届く時間に家にいることができれば問題ありませんが、スケジュールが合わずなかなか荷物を受け取れないという経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。再配達を申し込んでも指定の時間に幅があり、待ち時間が長くなってしまうこともあります。

そんな時に便利なのが、荷物のコンビニ受け取りサービス。簡単な手続きで、荷物を最寄りのコンビニで受け取ることができます。今回は、ローソンやミニストップで「佐川急便」の荷物を受け取る方法を紹介します!

01

佐川急便からの荷物は、先に紹介したヤマト運輸の場合とはコンビニで受け取るための手続きは異なります。ヤマトでは会員登録さえ行っておけば、発送後にいつでもコンビニ受け取りに変更することができましたが、佐川急便の場合は通販サイトなどでの発送時にコンビニ受け取りを指定しておく必要があるのが大きな違いです。

02

事前にローソンでの受け取りを指定する必要があるので、サービスが利用できるのは対応した通販サイトのみ。AmazonやローチケHMV、NTT docomo、JINS、ORBIS、dinos、楽天、LUSH、メガネスーパーなどが対応しています。

どんな荷物もコンビニで受け取れるヤマト運輸の場合に比べると利用できる機会も限られてしまうことは確か。ただ、Amazonや楽天など取り扱う商品の幅が広いサイトで目的のものを探して買い物するといった形であれば利用できる場面は少なくはありません。

032

画像のローチケHMVの例では、カートに商品を入れ注文手続き時に「お届け先」欄にある「コンビニで受け取る」をクリックしてコンビニ受け取りのための設定を行います。

051

家や会社などの最寄りのコンビニを探して選択。地図上にローソンとミニストップがある場所が表示されているので、クリックして指定します。

06

「お届け先」の欄が指定したコンビニに変わっています。後は通常の通販の申し込みの場合と同じように、画面右の「次に進む」ボタンをクリックして支払い方法や注文確認を行っていけばOK。指定のコンビニ宛てに注文商品が発送されることになります。

店頭での荷物の受け取りの際には、利用した通販サイトからメールで送られた「受け取り用バーコード」または「お問い合わせ番号」「認証番号」が必要。バーコードの表示されたスマートフォンやバーコードを印刷した紙や、Loppiで「お問い合わせ番号」「認証番号」を入力して商品引換券をプリントアウトしたものをレジで提示して荷物を受け取ります。

利用できる通販サイトは限られてしまうものの、受け取るコンビニを指定できるのはやはり非常に便利。会員登録なども必要ありません。ローソンやミニストップで荷物を受け取りたいという人は、対応通販サイト利用のうえでコンビニ受け取りを指定すれば24時間荷物が受け取れます!

<参考リンク>
コンビニ受取りサービス|ローソン
コンビニ受取サービス|サービス一覧|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

再配達を待つ必要ナシ! 時間を気にせずコンビニで荷物を受け取るテクニック ~ ヤマト運輸編

ec01

知っておきたいコンビニ「マルチコピー機」使い方まとめ(印刷・スキャン・FAXほか)

ec01

1枚5円で? コンビニ「コピー料金」は知っておくとお得!(かもしれない)

multicopy