再配達を待つ必要ナシ! 時間を気にせずコンビニ・郵便局で荷物を受け取るテクニック ~ 日本郵便編

ec01

ネットショッピングほか通販などで宅配便で送られてくる荷物は、通常は家に配達されるのを待って受け取る必要があります。荷物が届く時間に家にいることができれば問題ありませんが、スケジュールが合わずなかなか荷物を受け取れないという経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。再配達を申し込んでも指定の時間に幅があり、待ち時間が長くなってしまうこともあります。

そんな時に便利なのが、荷物のコンビニ受け取りサービス。簡単な手続きで、荷物を最寄りのコンビニで受け取ることができます。今回は、ファミリーマートやローソン、ミニストップで「日本郵便」の荷物を受け取る方法を紹介します!

01

 コンビニでゆうパックを受け取る

「ゆうパック」など日本郵便の荷物をコンビニで受け取る場合は、佐川急便と同様にあらかじめコンビニ受け取りを指定しておく必要があります。ヤマト運輸のように後から受け取り場所を変更できるタイプではないので注意。送り先として指定できるコンビニは、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートの3チェーンです。

サービスを利用するには、荷物の発送にゆうパックを使用し、かつ通販サイトなどがコンビニ受け取りに対応していることが条件。楽天などでは店舗によって対応・非対応の状況が異なるので、目的の商品を注文する前に発送方法などの詳細をよく確認すると良いでしょう。

荷物を受け取る際には、まず受け取り先として指定した各店舗の店頭のファミポートまたはLoppiでの操作を行います。荷物の問い合わせ番号と認証番号を入力したうえで荷物を受け取るのに必要な申し込み書をプリントアウトしてレジに提出すれば、コンビニでゆうパックを受け取ることができます。

郵便局でゆうパックを受け取る

03
ゆうパックは郵便局で受け取ることができるのも特徴。24時間受け取り窓口が開いている郵便局を利用すれば、コンビニと同様に利用できます。その場合は、配送先を指定の郵便局にする「郵便局留」で発送を行うようにすればOK。この方法であれば、通販サイト利用時だけでなく個人の間でも24時間自宅以外の場所で荷物を受け取ることができます。ゆうパックだけでなく、レターパックなどでも利用できます。

「郵便局留」を利用するには、宛先に指定する郵便局の郵便番号、郵便局名を記入する必要があります。必要に応じて、事前に郵便番号・郵便局の正式な名前を調べておくと良いでしょう。

郵便局で荷物を受け取る際には、免許証や保険証、印鑑が必要。窓口で受取人の名前や荷物の問い合わせ番号を伝え、荷物を受け取る形になります。

コンビニを指定しての受け取りに加え、郵便局での受け取りにも対応したゆうパック。いずれの方法でも発送時に指定は必要になりますが、環境に併せてうまく活用すれば、24時間荷物が受け取れます!

<参考リンク>
全国のファミリーマートで日本郵便の取扱荷物が受け取れるコンビニ受取サービスを開始 – 日本郵便
郵便局留・郵便私書箱 – 日本郵便

再配達を待つ必要ナシ! 時間を気にせずコンビニで荷物を受け取るテクニック ~ ヤマト運輸編

ec01

再配達を待つ必要ナシ! 時間を気にせずコンビニで荷物を受け取るテクニック ~ 佐川急便編

ec03

知っておきたいコンビニ「マルチコピー機」使い方まとめ(印刷・スキャン・FAXほか)

ec01