春が待ちきれない!『桜のきもち』で桜の成長や開花予想をこまめにチェック

ec01

暦の上では春とはいえ、まだ寒い日が続きますがもうすぐ3月。もう少しすれば桜が咲き始めるシーズンであります。

『桜のきもち』は、日本国内の桜の開花予想や現在の生長の様子をチェックすることができるiPhoneやAndroid対応アプリ。お花見や桜を見ながらの散歩などを毎年楽しみにしているという人は、インストールすれば少しずつ生長していく桜の様子を確認しながら開花を待ってはいかがでしょう。桜の名所を訪ねてスタンプを収集といったちょっとしたゲーム要素や、桜が見られるスポット近くに来た時に通知を行う機能なども用意されているので、桜が咲いてからも楽しめます。

桜のきもち(無料・日本気象株式会社)

写真 2016-02-26 20 07 11Screenshot_20160226-200908

『桜のきもち』は、iOS版はAppStore、Android版はGooglePlayストアにアクセスして無料でダウンロードすることができます。容量の大きなアプリではないので、ダウンロードや端末へのインストールはすぐに完了します。以降はiOS版の画面を使って機能などを紹介していきます。

写真 2016-02-26 20 33 27 写真 2016-02-26 20 33 36

ちょっとした機能紹介を確認したら「はじめよう!」ボタンをタップすればすぐに『桜のきもち』を利用することができます。主な機能は桜が見られるスポットを地図上で確認できる「全国さくらマップ」、お気に入りのスポットをブックマークのように登録しておきすぐに参照できる「MYスポット」、桜の名所を訪れることでスタンプの収集を行う「スタンプラリー」の3つです。

 写真 2016-02-26 20 33 54 写真 2016-02-26 20 34 00

「全国さくらマップ」では、GPS機能で取得した現在位置を中心に近隣の桜が見られる公園などを地図上で確認することができます。「○」マークであらわされた桜スポットをタップすると公園などの名前がフキダシのように表示。さらにフキダシ内の「i」アイコンをタップするとそのスポットの開花予想日や満開予想日のほか、現在の生長の度合いをパーセンテージであらわしたグラフなど詳細を知ることができるようになっています。

表示される開花予想日や満開予想日といったデータはアプリ配信元の日本気象が独自の予測式を使って算出したもので、毎週更新されるのが特徴。実際に桜が咲くまで、常に気象状況に合わせた最新の開花予想をチェックできます。

「桜スポット接近通知」機能は初期状態では桜が見られるスポットから1キロ圏内に近づいた時に通知。メニューの「設定」で接近感知距離は「500m」「3km」に変更することも可能です。

待ち遠しい桜の開花に関する最新情報を場所を指定して知ることができる『桜のきもち』。開花前から生長の度合いをチェックしておけば、開花した時や満開になった時の喜びは普段以上になるんじゃないでしょうか。

iOS版をインストール(iOS 8.0 以降)
Android版をインストール(4.2 以上)

【ある意味キケン】iPhoneの「アプリ別バッテリー消費量」チェック機能で生活が見えて凹む

2016021836

『Mailbox』提供終了前にチェック! iPhone向け高機能メーラーアプリ3選

01