おにぎらずの型にもピッタリ!オリジナルライスバーガーが作れるダイソーの「ナイスバーガー」を試してみた!

DSC_5275

100円ショップでよく見かける、掃除や調理を便利にするアイデア商品。ふと目に留まって気になったはいいものの、本当にコレ使えるの? とひと目じゃピンとこないグッズも多いですよね。

今回試してみたのはオリジナルのライスバーガーが作れるダイソーの「ナイスバーガー」。ファーストフードなどでお馴染みのアレをお家で作れるというとちょっと気になるけど……使い勝手やいかに?

 

DSC_5282

開封するとこの通り、ご飯を入れる枠型と押し型のセットになっています。

DSC_5279

パッケージ裏の使用方法を見ると、ご飯で具を挟んだライスバーガーを海苔でサンドするためのもののようです。好みで海苔はナシにしてもいいのでしょうが、この作り方を見るとライスバーガーというよりは、お弁当メニューに最近人気のアレを思い出しますよね。

DSC_5280

そう、具を挟んだご飯を海苔で包んでカットするだけでサンドイッチ風のおにぎりができる「おにぎらず」! いずれにせよ巻き寿司用か全型の大きな海苔が必要ですし、おにぎらず用と銘打たれた塩海苔を使って、ライスバーガーだけでなくおにぎらずの型としても使えるか試してみたいと思います。

DSC_5285

使い方は簡単。
①ラップなどを敷いた上に海苔と枠型をセット。ライスバーガーに海苔はいらねえな!って人はラップだけでOKです。

DSC_5287

②ご飯をぎゅっと詰めます。

DSC_5288

③押し型でぐぐっとご飯を押すと……

DSC_5289

④いい具合に具材を挟むためのくぼみがついたライスバーガーバンズの出来上がり。

DSC_5297

⑤あとは具材をサンドすれば、ライスバーガーとしては即完成! お好みでお米のバンズに油をひいたフライパンで焦げ目をつけると更にそれっぽくなります。

で、本題はここから。思ったとおり、いかにもこのまま「おにぎらず」にできそうじゃないですか! お米が多くてギリギリになりましたが、全型の海苔で四方からライスバーガーを包み込むことに成功しました。

DSC_5301

⑥海苔が馴染んできたら包丁でカットすれば、あっさり「おにぎらず」が完成(具材が適当に肉と野菜を炒めたものなのでオシャレ感は皆無ですが)! 形が歪になったらラップ越しに調節しちゃえばOKです。

おにぎらずはどうもうまく綺麗に作れなくて苦手、だけどわざわざ千円近くする専用の型を買うのも……なんて人にオススメかも。くぼみがつくので具材を挟みやすく、型にご飯を詰める量を気持ち少なめにすればなお良しです。

基本的におにぎらずは四角くご飯を敷くのがセオリーのようですが、ぱっと見で具材とバランスが良い量と形で敷くのは意外とコツが要りますし、結局何かしら型が欲しくなっちゃう方も多いのでは? ライスバーガーとおにぎらず両方を作れる本商品、一度試してみるのもアリかもしれませんよ!

 

 

やるな100円ショップ! 「けっこう使える100均グッズ」まとめ ~ 手帳グッズ・電池・掃除・空気入れ

2015122520

【100円贅沢】柚子にトマトに蜜柑まで、ダイソーのドライフルーツ6種類を食べてみた!

DSC_3226

【百均グルメ】ダイソーで可愛い&高コスパで人気の100円タイカレー! 『エスニック缶キッチン』は本当に美味いか確かめてみた!

DSC_3000