【予算1.5万円~】一人暮らしにベストチョイスな格安洗濯機はコレだ! 引越しシーズンにチェックしたいオトクな家電選び:その1

kaden001
進学や就職で引っ越しシーズンとなる3月! はじめての一人暮らしをこの春スタートする新大学生や新社会人の方も多いでしょう。ところで引っ越しに伴う厄介な問題といえば家電選び。実家や親戚から中古を貰っても一人暮らしには微妙だし、でも最新家電を買うにはいかんせん予算が足りない! 悩ましいところです。

ということで今回は、予算が限られた一人暮らしにオススメな通販で買える格安家電をチェック。まずは中でもチョイスが難しい洗濯機から見ていきましょう。「一人暮らしの洗濯機はこの中から選べば間違いナシ!」というマストバイアイテムを選んでみました!

①とにかく安く、なら二槽式! ハイアール『JW-W40E』 1万5000円~

kaden002ハイアールオフィシャルストア商品ページより

いざ自分で新調してみると、意外にお高くつくのが洗濯機。軽く10万を超えるドラム式は言わずもがな、標準的な全自動洗濯機でも一人用の4~6kg洗濯容量なら、国内メーカーもので安くて4万前後は見ないといけません。なんでもいいからもうちょい安くできないの?って方にまずオススメなのが、中国メーカー・ハイアールなどがラインナップする二槽式洗濯機

二槽式といえば昭和なイメージのアナログ家電。全自動洗濯機に比べると、蛇口をひねって洗濯槽に水を入れて洗剤を溶かし、洗濯してすすいだら洗濯ものを脱水槽に移して……という手順を手動でやらなきゃいけないのがまずデメリット。面倒なのはもちろん、1R・1K物件で洗濯機置き場がベランダだと、冬場は手が冷えてとても洗濯する気には……。容量次第ですが、大物洗いが難しいのも痛いです。

メリットは小さい洗濯槽で撹拌力が強く汚れ落ちがいいこと。洗濯時間を手動で決められるので、量と汚れに応じて微調整が効くこと。白ものを洗ったら脱水槽に移して色柄ものを投入、という形で簡単に分け洗いができること。これは一度使った洗濯液で二度目の洗濯ができるということで、カーテンやバスマットなども水を使い回して洗えるのが便利かも。最新の全自動洗濯機には敵いませんが、工夫次第でなかなかの節水性を発揮してくれます。作業を手ずから工夫することで洗濯が楽しくなったりもするかも?

なにより全自動洗濯機に比べて格段に安いのが一番の魅力。一人暮らしに必要最低限な4.0kg容量かつ、3月10日現在価格.comで最安値14,000~15,000円台の『JW-W40E』がイチオシです。筆者も使用しておりますが、安すぎて粗悪ってこともないし、シンプルな作りで操作も意外と簡単。初めて二槽式を使う人でも説明書を読めば大丈夫です。

②やっぱり全自動がイイ!ならハイアール『JW-K50K』or パナソニック『NA-F50B9』

kaden003

▲左:ハイアールオフィシャルストア商品ページより『JW-K50K』 右:パナソニック商品ページより『NA-F50B9』

思わず二槽式を強く推しちゃいましたが、「二槽式は面倒で洗濯サボりがちになるかも」「容量が限られるから週末のまとめ洗いに向かなくない?」「仕事で忙しいし、極力ラクに済ませたい!」って人なら当然、全自動洗濯機をチョイスすべき。

ここでも安さにこだわれば、同じくハイアールの『JW-K42K』(容量4.2kg)、『JW-K50K』(容量5.0kg)、『JW-K60K』(容量6.0kg)のシリーズは最安値が2万強~3万弱。簡易乾燥機能も付いて、バッチリのコスパです。洗濯容量と価格のバランスで見れば、5.0kgで最安値2万3000円程度の『JW-K50K』が一番でしょうか。

とはいえ、サポート面や品質を考えると国内メーカーじゃないと不安! というのもまた人情。国内メーカーの一人暮らし用格安機は安く買えて3万円台。最安値が3万5000円を超えても機能性を求めたい、という人に中でもオススメなのが、パナソニックの『NA-F50B9』です。

洗濯容量は5.0kgと標準的ながら、ガンコ汚れに効くつけおき洗浄を自動でできる機能や、柔軟剤の香りを衣類にしっかり残す機能など、新型家電らしくイロイロ便利機能付き。最終的にはお家の洗濯機置き場の寸法を測り、同価格帯商品の外形寸法とも付きあわせて悩むことになりましょうが、とりあえず注目すべき一台としてはコレでしょう!

結論:置き場が狭い or お金がないなら、二槽式も意外とアリ!

新入生や新社会人の一人暮らしを考えれば、予算はもちろん、洗濯機置き場のスペースが限られがちなことも見逃せない問題かも。この点を重視すれば、奥行きの小さい二槽式はある程度置き場の寸法を選ばずに設置可能なのも注目したいポイントです。

とくにベランダなど外置きの場合は風雨で洗濯機が壊れやすくなるリスクがあるので、万一故障しても2~3年使ってパッと買い換えられる値段かつ、全自動洗濯機よりも単純な作りでまだしも壊れにくい格安二槽式は考慮する価値大(冬場はキツいけど)! 全自動でも十分な機能性と安価を両立した機種はありますが、はじめての一人暮らしなら物は試しに、二槽式を候補に入れてみるのもアリかもしれませんよ!

 

【レトロ家電】少年たちが熱狂したソニーのBCLラジオ『スカイセンサー』って結局何がすごかった?

どれを選ぶ? アルカリ乾電池(コンビニ・100均・家電量販)の持続時間・パワー検証まとめ

『デレステ』を新型Chromecastで大画面プレイしたらイロイロと捗ったハナシ