これぞまさに華! 豪快&幻想的すぎる手筒花火ドキュメンタリー「TEZUTSU -fire flower town-」東京で初試写会

2015012505予告映像より)

触りの映像を観ただけでビビっときますよこれは! 火薬を詰めたぶっとい竹筒を抱えたまま夜空高くに火柱を吹き上げる豪快な花火、手筒花火。この伝統的でド派手な業が披露される豊橋祇園祭を追った短編ドキュメンタリー『TEZUTSU -fire flower town-』の東京試写会が2月8日に開催されるみたいですよ〜。

いやはや手筒花火、見た目も、それに挑む男衆も、まさに華って感じ。愛知県三河地方で盛んな花火らしいですけど、これ花火師が作るのではなく、地元の主に男衆が製造から奉納、実演まで手がけるそうです。このドキュメンタリー映像では、そんな手筒花火の製造から豊橋祗園祭までを密着撮影。映像作家の伊能達也氏が、カナダ・トロントで開催される「カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭」への出品を目標に制作したのだとか。火の粉が降り注ぐ中、仁王立ちする男衆の映像はかなり幻想的です。

試写会では伊能氏による「映像による地方のPRについて」をテーマとした講演も。主催は三河地方出身者などが集まる団体WE LOVE MIKAWA。

開催情報については下記をご参照ください。これは観たいですな〜。

『TEZUTSU -fire flower town-』試写会情報

・開催日時:2015年2月8日(日)開場14:40 開演15:00
・場所:HUB TOKYO(最寄りJR目黒駅)
入場料:事前予約1,000円(当日 1,500円)、25歳以下の大学生・院生:500円 高校生以下:無料
公式サイトはこちら