【昭和生まれ直撃】カセットテープが現代によみがえる! Victor ならぬ Victoria…ってパロディ文具かーい

gacha030-01

ガチャガチャ、それは100円玉数枚で味わう、ちょっとだけ非日常な瞬間。

そしてガチャガチャとの出会いはけっこう一期一会。そのうち回せばいっか…などと思っているうちに、いつの間にか別のものに入れ替わっていた!なんてこともよくあります。

そこで、面白そうなガチャガチャを見かけたら、その場で1回、回してみよう! というのが本記事のコンセプト。

さて、今回見かけたのは『THE カセットテープ』です。

『THE カセットテープ』概要

gacha030-02

価格:1回200円 メーカー:タカラトミーアーツ ラインナップ:全6種類

  • 修正テープA
  • 修正テープB
  • テープA
  • テープB
  • コードリールA &カセットケース
  • コードリールB&カセットケース

タカラトミーアーツさんの商品ページより)

 

でございます。

レッツ、ガチャガチャ!

「カセットテープってなんじゃらほい?」という人も、2016年現在では多いことでしょう。これ、音楽を聴くための記録メディアなんですよぉー!!

磁気テープに音楽を記録し、ラジカセなどで再生する仕組み。曲の頭出しは、テープを“早送り”したり“巻き戻し”して行います。最近のデジタルオーディオプレーヤーのように、最後の曲をいきなり再生するなんて芸当は、テープにはできません!

そして片面に収録できるのは46分だったりするので、かつての若者はお気に入り曲をいかに組み合わせて“最強の1本”を作るかに命をかけていたわけです。

そんな、アラフォー以上を狙い打ちにしたようなガチャが登場したようです。
しかもなんか、実用的なグッズと合体している!?

gacha030-02b

また、公式ページのタイトルキャッチを見ると

若者よ、これがカセットテープだ!

と書かれているのがじわじわと面白いです。その挑戦を受けて立つべく1回ガチャガチャ!

gacha030-03

……して出てきたのは「テープB」。

gacha030-04

シールを貼って完成! カセットテープ型のセロテープです。
ラベルを見ると「Victoria」「DINOSAUR」などと書かれていました。もしかしてこれって……「Victor」「DYNAREC」のもじり!?

※参照:本物のVictorのカセットテープ
オーディオカセット今日の1本! その36 ビクター DYNAREC DA1

gacha030-04
で、こちらが裏側……というかB面です!

gacha030-05
このようにセロハンテープとして使えます……が、粘着力はかなり弱めで、実用性を期待するのは厳しいかも。ジョークグッズと捉えたほうがよさそう。

gacha030-06
説明書より。見ていくと「TDK」ならぬ「TTA」、「maxell」ならぬ「excell」、「SONY」ならぬ「TOMY」と、パロディになっているんですね。思い出のカセットテープはありましたか?

というわけで、見かけたらぜひガチャガチャしてみてください!