【グッズ】スマホケーブルの断線が防げる? 話題のシリコン素材『ラップバー』でちょっと安心感が増した

2016041458

以前ご紹介したホルベイン画材のシリコン補修材『ラップバー』。USBケーブルなど断線しやすいコネクタ部の補強にも使えるとのことで、iPhone用Lightningケーブルを何本も断線でダメにしてきた(学習能力の無い)スタッフ的には頼もしい存在に思えてなりません。さっそくゲットして試してみました。

使い道はいろいろあるみたい

2016041459

パッケージを開くと『ラップバー』の使用例が確認できます。小物の持ち手部分のグリップに使う例が多いようですが、ケーブルのコネクタ部の補強に使える点が気になりますね〜(スマホユーザー的に!)。そんなわけで、『ラップバー』を仕入れてみました。おひとつ972円(税込)也。

こねこねして24時間お待ち!

2016041461

同梱品は、化合物Aと化合物Bが小分けにされてそれぞれ18個ずつ。どっちがAでどっちがBなのか……。

2016041462

とりあえず化合物AとBを1:1の割合で混ぜればいいそうです。ほとんど粘土ですね。

2016041463

こうやって練り合わせ、色が均一になるまでこねこね。3分間ほどこね続けて、しっかりと化合物を練り合わせないと、あとでちゃんと硬化しないそうです。

2016041464

このくらいでいいかな? というタイミングで、できあがったラップバーを補強材として使ってみることにしましょう。試しにiPhoneのLightningケーブルのコネクタ部に使用。ちょっと足りないかな〜という場合は、化合物A・Bを追加すればOK。で、

  • 4時間後から硬化が始まり
  • 24時間待てば完成
  • ドライヤーやオーブンを使うと硬化速度が速まる

とのこと。

こんな感じでよかったのかな?

2016041465

そしてこちらが24時間以上経過した、ラップバー補強版Lightningケーブルです! 粘土のような湿った感じはなくなり、表面はさらっと滑りのよい仕上がりに。手先が不器用なもので汚らしい造形になっている点はご容赦を。まずはお試しということで……というか、こういう補強でいいのかしら……。

2016041466

よく負荷のかかるコネクタ部に取り付けたラップバー。ちょっと曲げてみます。

2016041467

柔軟性はほんのちょっとあるみたい。でも、これでいいのかな? 爪をかなり強めに立てると、そこから裂けてしまったりするんだけど(不意に似たような負荷をかけてしまう可能性はありますよね)。あと、十分硬いものの、ほんとうはもっとカッチカチになったりするんじゃないかな? という疑問もあるようなないような。まずはあるていど使い込んでみてから、再び結果をレポートしましょうかね。

とりあえず安心感は増しました。(『ラップバー』は他にも多様な用途がありますので!)

<参考リンク>
ホルベイン画材|ラップバー
ホルベインオンラインショップ

【ガチ検証】アマゾンでiPhone用ライトニングケーブル買うならどれがいい?(2016年2月版)

2016020416

【ガチ検証】スマホ充電用USBケーブルを買うならどれがいい?(2016年2月版)

2016012262

超激安で買った「iPhone用ライトニングケーブル」が異常発熱で焦げてしまった件

2016040977