スマホのカメラで何でも文書化!Android / iOS対応の持ち歩けるOCRアプリ『もじかめ』は使い方いろいろ

ec01

名刺やはがきなど紙に書かれた内容をスマホのメールで送るには、目で見た内容をキーボードで打ち込み直す必要があります。そんな時は、『もじかめ』を使えば瞬時にテキストデータ化することが可能。『もじかめ』はスマホに搭載されたカメラで捉えた画像の中からテキストデータを抽出することができる、Android / iOS対応のOCR(光学文字認識)アプリです。

スキャナーとPCの組み合わせでOCRが利用される場合が一般的ですが、それがスマホ1台だけで出来てしまうというのが『もじかめ』の特徴。読みとったイベントの日程を、カレンダーアプリに貼りつけたり、さまざまな使いみちが考えられる『もじかめ』を今回は紹介します。ダウンロードやインストールは無料なので、興味を持ったら気軽に試せますよ!

もじかめ(無料・Media Drive Corporation)

 写真 2016-04-22 16 52 46

『もじかめ』は、iOS版ならAppStoreで、Android版はGoogle Playストアで無料ダウンロードすることができます。インストール後に起動したら、「OK」をタップしてカメラへのアクセスを許可すればもう利用する準備は完了。面倒な設定などは不要ですぐに使い始めることができます。

写真 2016-04-22 20 43 22

使い方は簡単で、書類の中のテキストデータ化したい部分をスマホのカメラでとらえるだけ。自動的に文字を認識し、すぐに画面下段に読みとったテキストが表示されます。読みとったテキストは、右下にあるアイコンから、クリップボードにコピーしたりメールアプリやメモアプリに内容を共有することが可能。非常に簡単にテキストデータの作成を行うことができます。

写真 2016-04-23 0 50 31

読み取りスピードや精度はなかなかのものですが、完全に元の文章と同じにはならないこともあり、場合によっては修正が必要なこともあります。読みとったテキストの一部を選択してコピーしたり、修正したりといったことも可能。もちろん、共有したテキストデータは、メールアプリやメモアプリ上で通常のテキストと同じように扱うことができるので、そちらで不要な部分を削除したり、間違って読みとってしまった部分などを修正してもOKです。

写真 2016-04-22 16 56 05

範囲の広い文章を読みとろうとしてカメラを離してしまうとうまくテキストデータを作成できない場合もあるのでご注意を。その際には「文字を大きく撮影すべし」といったメッセージが表示されます。指示に従い、文字が認識できるサイズになるまでカメラを近づけましょう。

写真 2016-04-22 16 57 44

写真の上に文字が重なっている場合にも読み取りがうまくいかない場合があります。こちらは対策方法がなく、カメラを動かしながら何度か読み取りを試みるか、諦めるかのどちらかになってしまいます。しばらく『もじかめ』を使ってみれば、何となく文字を読み取りやすいカメラの距離や、文字の背景なども把握できるでしょう。

01

スキャナとPCの組み合わせでOCRを使用するのと大きく異なるのが、スマホにインストールしておけばどこにでも持ち歩けるという点。家や職場などで書類をテキストデータ化するだけではなく、外で張り紙や看板などを読み取ったり、写真のようにPCのモニターに映った文字を読み取ったりとスマホならではの使い方ができるのは面白いところです。

スマホのカメラでとらえた文字情報をすばやく簡単にテキストデータ化できる『もじかめ』。紙の書類を元にテキストデータを作成する時のお供に最適です。OCRを使ってみたいという人も試しにインストールしてみてはいかがでしょう。どういったものがテキスト化できるか、持ち歩いて色々試してみても楽しそうです。

iOS版をインストール(iOS 8.0 以降)
Android版をインストール(4.1 以上)

【iPhoneのアレ】ロック画面で丸見えの「受信メッセージ」を非表示にする方法

2016040118

チップチューンからボカロまで豪華楽曲! 弾幕リズムシューティング『星屑のダンガンチューンズ』が面白い!!

ec01

頭痛の原因になる気圧の変化を予報!iOS / Androidアプリ『頭痛ーる』を体調管理に役立てる

ec01