載ってるマンガ、全部岩手県がらみ!? 無料マンガサイト・コミックいわてに要注目

0129iwate

数あるWebコミック誌の中でもひときわ異彩を放つ、岩手県提供の無料マンガサイト・コミックいわてWEB。岩手出身or在住のマンガ家が集結し、岩手を舞台としたご当地愛溢れる作品を続々発表しています。吉田戦車、池野恋、鈴木みそといった有名作家が多数参加し、いわてマンガ大賞なんて新人賞も開催してるのだとか。え、でも、そもそもなぜ岩手……?

もともとはマンガをつうじて岩手県の魅力を発信する「いわてマンガプロジェクト」の一環として、2010年にマンガを題材にした展覧会が開催。それをきっかけに出版された2冊の単行本が好評を博し、2013年にWEB版が創刊されたとのこと。その成功はもちろん、いかにも地味~なご当地紹介マンガにとどまらない、読ませる作品があってこそ。というわけで、現在掲載中のマンガをチェックしてみましょう。

『ときめきトゥナイト』の池野恋による『星のおくりもの』は、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』を題材にしたジュブナイル。その他、2120年の岩手が舞台のSFコメディ『テペピト様』(吉田戦車)から、中尊寺金色堂と藤原清衡にまつわる本格歴史もの『金色の思い』(沢田ひろふみ)まで、切り口はさまざま。名所や文化といった岩手ネタを膨らませた短編や、岩手で暮らした体験を描いたノスタルジックなドラマも目立ちます。

ベテランの作品はもちろん、いわてマンガ大賞を受賞した若手の作品も高品質。岩手の山奥に暮らす妖怪や鬼たちの暮らしを描く江川大輔の『氷の宴』『赤鬼と青鬼+アルファ』は、卓越した画力とヒューマニスティックなドラマが光っていてオススメです。

「もっと岩手のことが知りたい!」なんて奇特な(失礼)岩手ファンのみならず、「面白ければ何でもオッケー」なマンガ読みなら読んで損ナシ! 作品のほとんどは読切の不定期更新なので、たま~にチェックするWebコミックサイトのひとつに加えてみてはいかがでしょう。

<参考サイト>

コミックいわてWEB 公式サイトはこちら