【Wordのアレ】文書の全体/一部分を段組みにして見やすく構成する方法

05
Wordには、並んだ文字を分割する「段組み」機能が搭載されています。内容は変えずに文書内のレイアウトを変更することができる「段組み」機能は長い文章などをスッキリ見やすくするために非常に有効。文書全体を分割するほか、選択部分のみに適用することもできるので、図や表の解説文のみ段組みにするといった使い方もできます。

見やすいWord文書の作成を目指すなら「段組み」機能は押さえておいて損はありませんよ!

※本記事では「Microsoft Office Excel 2007」を例にしております。

02a

▲テキストの段組みを設定するには、まずウィンドウ上部に表示されたメニューから「ページレイアウト」をクリックします。

03a

▲「段組み」ボタンをクリックして下に表示されたメニューから分割したい段数を選択。ここでは「2段」の場合を例として紹介します。

04

▲文書内のテキストが左右の2段に分割することができました。

05

▲「段組みの詳細設定」を選択した場合は、段数のほか1段辺りの幅や間隔を細かく設定することも可能。分割された段の間に境界線を入れるといった設定もできます。

06a

▲Word文書内の特定の範囲のみに段組みを適用することもできます。その場合は、段組みにしたい部分のみをドラッグして選択したうえで「段組み」ボタンから段数を選択。

07

▲選択部分のみが2段に分割されました。内容に合わせて段組み機能を部分的に使うのも、見やすいWord文書作成には有効。覚えておいて損はありません。

【Wordのアレ】テンプレートから「時候のあいさつ」を簡単に作成する方法

ec02

【Excelのアレ】大きい図表がはみ出さないように1ページに印刷する方法

Excel01

コンビニのコピー機でWord・Excelファイルを印刷する方法

ec01