【Web漫画】表紙詐欺レベルでギャグ尖りすぎ!『私が言うとおりになる』は要注目のオカルティックラブコメ!

manga20160504

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

毛魂一直線『私が言うとおりになる』 ヤンマガ一家掲載

『亜人ちゃんは語りたい』などのヒット作で知られるヤングマガジンサード。シャープな絵柄の作品が目立ち、最近創刊のヤング誌らしくヘンなエッジを尖らせた漫画が結構多い印象です。そんな連載陣の中でも美麗なビジュアルで「おっ?」と一目で惹きつけるものがある本作。ところがその内容はというと……?

女子高校生のメイは、トップアスリート級の運動神経だけど脳筋バカなソウ君にゾッコン! ストーカー気質で勢いのまま、ソウと同じ大学に進学しようとするメイだが、なぜかソウは占い専門学校「上北野沢スピリチュアルアカデミー」で魔術師を目指すらしく……!?

という導入で、奇人だらけの胡散臭げなオカルト学校に入ったふたりが繰り広げるドタバタラブコメ……と思いきや、漫画としての文法は完全にハードなハイテンションギャグ。絵柄は表紙のような線が細い少女漫画風から、うすた京介ほかジャンプ系のぶん殴るような破天荒ギャグ風まで目まぐるしく変転。作者さんはBL出身で、ネタのチョイスにはちょい年季が入った女性オタの人らしいセンスが発揮されており、色々なレベルで少年漫画と少女漫画の文法を取り混ぜた、良い意味で同人誌っぽいマニア向けな読み味が特徴です。

「アブラカタブラ」の訳の一つを冠した印象的なタイトル、ちょくちょくオカルティズム関連から意匠を借りたようなデザインワークなど、パッケージングはスマートで今風なのに、フタを開ければスラップスティック・恋愛・オカルトをごった煮にした凸凹感が強い個性派作品。読み味はガチャガチャしてますが、女性作家さんのギャグ漫画としては一つ注目していきたい尖ったセンスのものに仕上がっておりますよ!

 ⇒今すぐ読む!

『私が言うとおりになる』掲載情報

・作者:毛魂一直線
・掲載メディア:ヤングマガジンサード、ヤンマガ一家

 

必読! おすすめ無料マンガまとめレビュー