【ご当地グルメ】静岡県ご当地マルちゃん『ハイラーメン』は焼きそば風に食べてもイケる!

01

その土地でしか食べられないご当地グルメ。B-1グランプリなどご当地グルメを取り扱うイベントが開催されたり、テレビ番組で紹介されたりと食べたことはなくとも各地の名物を目にする機会は多くあります。

イベントやテレビでは見かけないタイプのご当地グルメもあり、マルちゃんの「ハイラーメン」もそういったもののひとつ。静岡県限定で販売され、他の地域ではなかなか手に入れる機会もありません。静岡に住んでいる人は身近にいつでも手に入る一方、1962年5月発売と長い歴史を持ちながら、それ以外の地域では知っている人も少数という知る人ぞ知るご当地グルメ「ハイラーメン」を今回は試してみました。

02

5個入りセットは、中に1人前の袋が5つ入った形。ほかの袋入りラーメンでもよく見かける形です。

03

1人前の袋の中身は麺と粉末スープ。こちらも袋入りラーメンとしてはスタンダードな形と言えるでしょう。

04

鍋に水を張り、沸騰させたらゆでること3分間。徐々に麺がお湯を吸っていくので、麺をほぐしながらゆでていきます。

05

スープは麺をゆでている鍋には入れず、別に用意する形。粉末スープは白っぽい色で乾燥したネギが入っています。

06

スープをお湯で溶き、ゆで上がった麺を入れれば完成。見た目はいたって普通の袋入りラーメンといったところです。

07

縮れ麺は適度な歯ごたえがあり食べやすいのが特徴。専門店のラーメンを目指すのとはまた違った、昔ながらのインスタントラーメンならではの麺の味わいです。

色の薄いスープは塩ラーメンのようですが、公式サイトによると「ポークと野菜の旨みを効かせた醤油味に白胡椒、ガーリック、生姜でアクセントを付けた」ととのこと。醤油の香りや味わいはそれほどの濃さではなく、塩ラーメンと醤油ラーメンの中間のような味わいに、各種うま味が加わった複雑な風味のスープは、初めて食べても懐かしさが感じられる独特の美味しさがあります。今回は麺とスープのみで作っていますが、メンマや卵、チャーシューなど好みの具材を追加して食べるのも良さそうです。

派手さや、変わった具材や味わいはないものの、今ではなかなか食べられない、昔風の袋入り麺の味わいを満喫できる「ハイラーメン」。パッケージの「なつかしの味」に偽りなしで、現在販売されているインスタントラーメンとは一味違ったラーメンを楽しめます。以前静岡に住んでいたという人は当時を懐かしんで、また初めて食べる人もレトロな雰囲気と他にはない美味しさを楽しめるので、機会があれば一度食べてみてはいかがでしょう。

「ハイラーメン」は、静岡県ではスーパーなどで手軽に購入することができる一方、それ以外の地域ではなかなか手に入りません。静岡を訪ねた際に買うほか、静岡在住の知人に送ってもらったりお土産に買ってきてもらったりといった機会があれば頼んでみるのも良いかもしれません。通販で取り扱いのある店舗もありますが、割高な価格(静岡県内では5袋入りで400円程度)の場合もあるのでご注意を。

<参考リンク>
ハイラーメン | 商品情報 – 東洋水産株式会社

次ページでは「ハイラーメン」のちょっと変わった食べ方を紹介