【100均グッズ】お湯で変形するゴム『おゆまる』で床の傷つき・転倒防止ゴムを作ってみた!

ph6

100均ショップで販売されている、お湯の熱で柔らかくなるゴム玩具『おゆまる』。本来は付属の型に入れておもちゃを作ったり、こねて色々な形にして遊ぶのですが、自在に形を変えられて冷えて固まる特性から、様々なDIYに活用できるのです。

そこで今回は、床の傷つき・転倒防止ゴムを作ってみました。

『おゆまる』とは…

IMG_8234

これがその「おゆまる」。80°以上のお湯に漬けると粘土のように柔らかくなり、様々な形へ簡単に加工することができます。冷えて固まったときは消しゴムよりも少し硬い感じ。

IMG_8235

お湯に「おゆまる」の樹脂を入れる。このときは熱いので割り箸を使ってお湯の中から取り出すように。また十分ヤケドには注意して下さいね!

IMG_8236
柔らかくなったら、お湯から取り出して家具の脚へ。グズグズしているとどんどん冷えて固まってしまうので、適量ちぎって、サッと張り付けるように盛るといい感じに。

IMG_8238
完全に固まってしまう前に脚を床に。するとピタッと床と脚がくっ付きます。引っ張れば簡単に外れる程度の吸着力ですが、ちょっとした揺れならばすぐにずれ動くことはないでしょう。

また安物の転倒防止ゴムだと、劣化し溶けて床や棚の天板を侵す「ゴム除染」という被害を起こすものがあるようで、引っ越しの際、敷金の返還でモメる原因になることもあるとか。しかしこの「おゆまる」だと、熱や水分で分解することはない樹脂なので、そうした心配もないでしょう。

【グッズ】スマホケーブルの断線が防げる? 話題のシリコン素材『ラップバー』でちょっと安心感が増した

2016041458