【Web漫画】大御所劇画作家がニトロのエロゲのコミカライズしてる!? 『凍京NECRO』がぶっとびエロス&バイオレンス!

manga20160524

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

叶精作(原作:ニトロプラス、ストーリー構成:カズ山本)『凍京NECRO』 ファミ通コミッククリア連載

『艦これ』『スプラトゥーン』などゲーム原作のコミカライズ作品を多く掲載するWebコミックサイト・ファミ通コミッククリア。そこで虚淵玄ほか尖ったライター陣と硬派なプロダクトが人気を集めるアダルトゲームメーカー・ニトロプラスの新作ゲームのマンガ版がスタートすると聞けば、まあ普通なハズなのですが、作画担当がなぜか大物劇画作家の叶精作なのでこれがスゴいことになってます。

大規模な寒冷化で氷河期を迎えた近未来の地球。地熱都市・凍京には、ネクロマンサーに死霊を注入され蘇った死者・リビングデッドが跋扈していた。民間駆除業者の生死者追跡者(リビングデッド・ストーカー)である臥龍岡早雲(ながおか・そううん)と牙野原エチカは、副都知事誘拐事件を捜査する中で謎の少女・宝形イリアと出会うのだが……。

大枠はそんな感じのサイバーパンク×ゾンビアクションで、ニトロプラスらしい硬派な世界観がウリな作品……なのですが、『実験人形ダミー・オスカー』などで知られる叶精作の手にかかると、細身な美形や美少女たちもいやに骨格と造形がかっちりしすぎな美丈夫・美女に大変身! 絵面まで別の方向で硬派になりました。

さすがにバリバリ劇画調ではなく、キャラクターデザインは丸みを付けて均質な線で、とすっきりさせてはいるのですが、擬声語や画面処理の古拙な味わいはやはりベテランならでは。あらすじは原作ゲームをちゃんとなぞっていますが、表現レベルでは完全にいつもの叶精作です。(あとストーリー構成のカズ山本って一体……山本和範……?)

原作とのギャップが凄まじいものの、ガンアクションとバイオレンス描写はさすがの迫力と格好良さ。また、本編とは別に幕間の形でヒロインのエチカと女の子が絡むお色気全開ショートショートも付いており、猫耳ツリ目メガネのチャンネーが室内プールでピッチリビキニでダイタン180度開脚のセクシーすぎるストレッチを披露中。ご本人は公式ブログで「サッパリとしたお色気」と形容されていますが特濃です。

第2話からはアクションマシマシで、バトルの描き込みなどが更にぶっ濃くなってきそうな期待作。原作ゲームとはまた違う味わいをぜひ! あと、『実験人形ダミー・オスカー』は今読んでも本当におもしろいです。

 ⇒今すぐ読む!

『凍京NECRO』掲載情報

・作者:叶精作(原作/ニトロプラス、ストーリー構成/カズ山本)
・掲載メディア:ファミ通コミッククリア

 

必読! おすすめ無料マンガまとめレビュー