【Web漫画】メテオ連載作『宙のアポリア』は爽やか&ちょいシリアスな懐かしエロゲ風学園恋愛SF!

manga20160607

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

もりた毬太『宙のアポリア』 COMICメテオ連載

『キルミーベイベー』カヅホの新作や『深海魚のアンコさん』ほか、ちょい地味だけど通好みな漫画が多いCOMICメテオ。最近はコメディ作品多数の連載陣ですが、そんな中で哲学的主題を絡めてシリアスに展開するちょっと変わった学園恋愛SFが独特の存在感を放っております!

「自分の想像していた事が実際に起きる=未来の出来事の記憶がある」という能力を持つ大学生タクマ。その能力に反して、憧れの女子・中川さんとの仲が(自分の想像ではもう付き合ってるハズなのに)なかなか進展しない日々に、自分の能力がただの妄想なのか、世界のほうが間違っているのか、タクマは不思議な違和感を抱えていた。

そんな彼の前に突然、空から謎の少女ソラが降ってきた! 記憶喪失の彼女は「世界の嘘を暴くため」にこの世界へ来たという。彼の能力を妄想ではなく「世界の本来の姿が分かる力」と言い切るソラは、世界を自分の望む形に歪めている犯人を探すべきだと言うのだが……。

無根拠な自我が抱える世界への違和感という思春期的な感覚を、未来の記憶というモチーフと独我論の哲学の引用によって大テーマに捉え直した日常SF。それを引っ張るのが落ちもの少女とのドキドキ同棲生活なワケですが、ラブコメ的な楽しさはほどほどに、地味ながら透明感のある学園生活描写、そこで主人公が抱え続ける微妙なメランコリーの表現が優先された作りです。

学園ものと落ちものと哲学的主題をある種素朴に組み合わせた枠組みの中で、思春期的な恋愛の悩みと世界認識上の深刻な違和を直結させ、更には世界自体を偽りのものと転覆させるこの感覚は、どうも2000年代前後のちょい古いセカイ系的なエロゲ・ラノベ群や、『sola』『天体のメソッド』みたいな久弥直樹的なものを連想させて、ある読者層の変なノスタルジーを刺激する読み味があるかも? そういう作品や内省的な雰囲気の学園SFが好みの方、ビンビンくるので要注目ですよ!

 ⇒今すぐ読む!

『宙のアポリア』掲載情報

・作者:もりた毬太
・掲載メディア:COMICメテオ

 

必読! おすすめ無料マンガまとめレビュー