梅雨をビジュアル化! お出かけに役立つ「雨雲監視アプリ」3選

ec02

全国的に梅雨シーズンが始まりつつあります。普段であればスマートフォンに初期状態でインストールされている簡易的な天気予報情報でも事足りることが多いですが、梅雨の時期にはより細かく、ピンポイントに天気を予報できるアプリがあると便利。今回は、地図上で雨雲の状況をグラフィカルに確認できる仕組みを持った便利な3本の天気予報アプリを紹介します。

インストールしておけば、雨雲の状況からこの先の天気を予想できるので、この時期の外出や洗濯のお供に役立つこと間違いなしです!

雨かしら?(無料・keiji matsumoto)

写真 2016-06-10 16 10 50 写真 2016-06-10 16 11 31

「雨かしら?」は、日本地図に雨雲を重ねて表示することができるアプリ。GPS機能で現在位置を取得して近隣の雨雲状況をチェックできるほか、画面をスライドさせて表示する地図の範囲を移動させたり、拡大縮小することで日本中の雨雲を確認することもできます。

地図の上に表示する雨雲の透明度を設定で変更できるのも特徴。透明度を高くして地図をメインに見るのも、透明度を下げて雨雲の状況をはっきり視認できるようにもできます。

iOS版「雨かしら?」のインストールはこちら(iOS 7.1 以降)


Android版のインストールはこちら(Android 4.0 以上)

雨マップ(無料・Boxyz, Inc.)

写真 2016-06-10 16 13 51写真 2016-06-10 16 36 08

「雨マップ」も地図上に雨雲をグラフィカルに表示させられるタイプの天気予報アプリ。土地を指定しての雨雲の状況をチェックするほか、現在から1~6時間後までの雨雲の推移予報を表示する機能も搭載されています。

現在の降雨状況に加え、数時間先までの雨雲の状況が分かるのでいつ・どこで雨が降っているのかがすぐに分かり、移動中の天気チェックなどには最適の「雨マップ」。自宅近辺など任意の土地を「MY地点」として登録しておくことができたり、取得した情報をSNSで共有するといった機能も充実しています。

iOS版「Yahoo!天気」のインストールはこちら(iOS 8.1 以降)

Android版のインストールはこちら(Android 4.4 以上)

 

雨ですかい?(無料・Tricell Inc.)

写真 2016-06-10 16 15 27 写真 2016-06-10 16 15 35

「雨ですかい?」も地図上に雨雲の状況を重ねて表示する機能を持ったアプリ。5分ごとの細かい時間の推移による雨雲の状況をチェックできるのが特徴です。また、雨雲の移動する様子を連続して表示し、動画のように見ることができるのも「雨ですかい?」の便利な点です。

時間ごとの雨雲の状況を表示するのに加え、GPS機能で取得した現在位置近辺の3時間ごとの天気予報も確認できます。晴れ・雨、降水確率といった数値による天気予報と雨雲状況のチェックを組み合わせて、現在雨の降っている範囲やこれから雨の降りそうな地域を調べるのに役立ちます。

iOS版「ウェザーニュース タッチ」のインストールはこちら(iOS 9.0 以降)

Android版のインストールはこちら(Android 4.0 以上)

ついに関東も梅雨入り! これからきっと役立つ天気予報アプリ5本セレクション

150609a-10

台風で気になる河川の状況をリアルタイムにチェック!iOSアプリ「全国防災カメラ」「かわめがね」で水害に備える

20150909app_ec01

頭痛の原因になる気圧の変化を予報!iOS / Androidアプリ『頭痛ーる』を体調管理に役立てる

ec01