【Web漫画】恋愛アンチ女性の変則ラブコメ『桐生先生は恋愛がわからない。』が男女問わずハラハラする読み味だった……!

manga20160613

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

小野ハルカ『桐生先生は恋愛がわからない。』 裏サンデー連載

美少女アニメやラノベなどのオタクコンテンツはモテない男性用の恋愛願望充足装置である……てな指摘はもはや「今更!」の感があるステロタイプな批判ですが、それが無性愛者の自覚を持った性的マイノリティの人の口から飛び出した場合、またちょっと違うデリケートな文脈が絡んできて変な緊張感を生むことになるようです。

主人公は社会派志向なのに編集者の意向でイヤイヤ学園ラブコメ漫画を描き始めた、独身アラサー女性漫画家・桐生ふたば。無神経なヘテロ男性や世間から押し付けられる「女性は恋愛好き」というイメージに苛立つ彼女は、二次元でも現実でも他者に恋愛感情を持ったことがないAセクシャルの自認がある女性だった。「恋愛モノを描くためには実際の恋愛経験が必要なのか」と悩む彼女に、アシスタントの男の子・浅倉と凄腕アニメ脚本家・北村が突如猛烈アプローチ! 大いに困惑する恋愛アンチな彼女の三角関係の行方は?

悪意的にコテコテなハーレムラブコメの劇中作『ぼっちの俺からリア充のお前らに言っとく』を第1話冒頭に置き、ラノベ的な「なぜか美少女に言い寄られるぼっち主人公」に感情移入するオタに対して、当の作者の主人公は「非モテ、酸っぱい葡萄、孤高気取りで結局恋愛教!」とのっけから超おかんむり。浦賀和宏の小説を思い出す設定と古風なオタク嫌悪ですが、それが切羽詰まった性的マイノリティ女性の自意識過剰なモノローグの中であらためて激烈に表明されると、こう、どう反応するのが正しいのか悩む、という意味でキャッチーな導入です。

その後に続くストーリーは「熱烈に好いてくる年下の男の子にテンパる」「同じく過去のトラウマで恋愛不感症的な成人男性と不器用なお付き合い」などのエピソード立てで展開。ジェンダーやフェミニズムの言葉が露骨にネームに表れるのがちょっと強烈ですが、ヤングレディース的な少女漫画の王道の筋でドキドキしながら読み進められます。

ツカミのオタク批判が裏目な気もしますが、作者さんには月一でオタクコンテンツを押し付けてくるラブライバーの弟がいるらしく、それだけでも「色々大変なんだろうな」と察するに十分です。先の展開(というかデリケートすぎる問題意識をエンタメの筋で無理なく処理する方法)が読めない面白さはスゴいので、ビビッと来た方はぜひどうぞ!

 ⇒今すぐ読む!

『桐生先生は恋愛がわからない。』掲載情報

・作者:小野ハルカ
・掲載メディア:裏サンデー

 

必読! おすすめ無料マンガまとめレビュー