【Excelのアレ】セルに入力できる内容を制限する方法(「データの入力規則」を設定する)

Excel068

Excelでの表作成に、イロイロな情報の入力間違いはつきもの。あらかじめ入力できる内容を制限する機能を使えば、表作成をもっとラクかつ確実にこなせますよ!

※本記事では「Microsoft Office Excel 2016」を例にしております。

「データの入力規則」で日付の選択可能範囲を制限する

Excel069

▲今回はスケジュールミスなどの元となる日付間違えをしないよう、入力できる範囲を制限してみます。入力を制限したいセルを選択して、「データ」タブの「データの入力規則」ボタンをクリック。

Excel070

▲メニューが表示されるので、「入力値の種類」欄から「日付」を選択しましょう。

Excel071

▲データ欄を「次の値の間」にして、「次の日付から」欄と「次の日付まで」欄に任意の数値を入力します。ここではざっくり、2016年5月中の日にちに制限してみました。入力を終えたら「OK」で完了です。

Excel072

▲設定した範囲から外れた日付を入力しようとすると、このようなエラーメッセージが表示されるようになりました。

 

【Excelのアレ】セルの色や罫線など書式だけをコピーする小ワザ

【Excelのアレ】数式ではなく「計算結果の値だけをコピペ」する方法

【Excelのアレ】重複データのあるセルを検索して行ごと削除する方法