【Excelのアレ】作業効率アップ! 「入力候補リスト」を作って表作成の手間を省く方法

Excel077

経費の費目や担当者の名前など……Excelで表を作る時、入力候補の一覧から選べると便利なデータってありますよね。ドロップダウンリストでラクにデータを入力してミスも防げる方法、チェックしときましょう!

※本記事では「Microsoft Office Excel 2016」を例にしております。

「データの入力規則」から入力候補リストを作成する

Excel075

▲まずは、あらかじめ入力するデータが決まっているセルを選択。次に「データ」タブから「データの入力規則」をクリックします。

Excel076

▲「データの入力規則」メニューが表示されるので、「入力値の種類」欄から「リスト」を選択します。

Excel073

▲「元の値」欄に任意の文字列をカンマで区切って入力します。すべて入力したら「OK」をクリックで完了です。

Excel074

▲これでセルをクリックすると、ドロップダウンメニューから入力項目が選べるようになりました。

 

【Excelのアレ】入力できる内容を制限してミスを少なくする小ワザ

【Excelのアレ】セルの色や罫線など書式だけをコピーする小ワザ

【Excelのアレ】数式ではなく「計算結果の値だけをコピペ」する方法