【キッチン家電】激安米でもおいしく炊けるの? 「高級炊飯器」の実力を試してみた

2016061027

お米が炊ければそれでよし! と、炊飯器にたいしてこだわりを持っていないヒトにとっては、高価な炊飯器に興味はないとはいえ、炊きあがりに違いがあるのかは気になるところ。そんな高級炊飯器のひとつ、象印マホービン『南部鉄器 極め羽釜 NP-WU10』と普通のリーズナブルな炊飯器とで、激安米を使って味比べをしてみました。

職人技が光る炊飯器の最高峰! 象印マホービン『南部鉄器 極め羽釜 NP-WU10』

2016061032

日本の伝統技術をこれでもかと詰め込んだ、通称「極め羽釜」は、南部鉄器を使用した特別仕様。1つ1つ、職人の手作業によって仕上げられています。目指すのは「かまどで炊いたようなご飯」というだけあって、火力と熱伝導にこだわっており、炊きムラを抑えてご飯の旨味を引き出します。二重になった内ブタは40時間の保温をサポート。「粘り」「かたさ」を評価することで、121通りの炊き方の中から最適なものに導く「わが家炊き」機能や、おこげまで楽しめる「かまど極めメニュー」も搭載しています。実売価格は70,000円弱。

炊いてみるか!

2016061028

▲厚さ1.7mmの広く浅い羽釜。全体に熱が伝わるので、炊きムラを抑えられる

2016061029

▲上部と底部のヒーター搭載。かまどのような強火で炊ける

2016061030

▲ご飯の固さ・粘りの感想を記録しておくと、好みの食感に近づけてくれる

2キロ700円の激安米で炊き比べてみた!

2016061031▲『南部鉄器 極め羽釜』で炊いた白米(写真左)と某メーカー製炊飯器で炊いた白米(真右)

『南部鉄器 極め羽釜』の「熟成コース」と、某メーカー製炊飯器(約8,000円)それぞれで2kg700円の激安米を炊いてみて、仕上がりが変わるかどうかチェックしてみました。『南部鉄器 極め羽釜』(熟成コース)で炊いたごはんは……

  • 「ご飯ってこんないろんな味したっけ?」ってほど、さまざまな旨味・甘味がする
  • ご飯の粒が立っている
  • ふっくらしていて甘い
  • 3時間保温後も味がほとんど変わらない

と確かに好評。一方、普段使いの炊飯器ではいつもの日常感あふれる炊きあがり。「自宅で炊いたご飯ってこんなもんだよね」。『南部鉄器 極め羽釜』と比べてしまうと、保温後に味が落ちたような、ベチョっとした感じが気になったほか、やや臭みがあるような気も。

その差は歴然でした!

<参考リンク>
象印マホービン|南部鉄器 極め羽釜

(記事提供元:月刊ラジオライフ2016年6月号より一部修正)

【えもコレ】999円「イケア製スープポット」がかなり使える! そうめんランチもひんやり持ち運べるよっ

2016050574

【調理マシン】ぜんぶ炊飯器で済ます! タイガー『タクック』ごはん&おかず同時調理機能を試してみた

2016060347

【気になる調理器具】パンの旨味を引き出すスチームトースター『バルミューダ』で安い食パンを焼いてみた

2016060384

【キッチン家電】マルチクッカーさんの命令に従うだけ! 『Cook4me』式カレー作りは本当にラクなのか

2016061015

いくつ知ってる? 包丁ひとすじ女子が感心した「食材専用調理ツール」セレクト9選!

2016031509

夏休みの工作気分で「どこでも光るかき氷グラス」を作ってみたらエレクトリカルパレードみたいになってしまった!!

2015081033