【Web漫画】『世界鬼』作者新作『グッド・ナイト・ワールド』は大胆作劇が魅力のMMOファンタジー!

manga20160621

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

岡部 閏『グッド・ナイト・ワールド』 裏サンデー連載

インディーズ出身の尖った作家さんが揃った裏サンデーの中でも、とりわけダークな作風で知られる岡部閏の新作が登場! 代表作のホラーファンタジー『世界鬼』から一転、ホームドラマとネットゲームを題材にした本作ですが、前作から変わらず持ち前のブラックな書きぶりが光る一本でした。

ネットゲーム「プラネット」内最強と名高い擬似家族的4人パーティ「赤羽一家」。互いにリアルでの面識はないが、イチは引きこもりの長男、アー(ああああ)は長男を軽蔑する次男、ボス士郎は冴えない父親、メイは家庭を捨てた母親……ネットの擬似家族たちの正体は現実世界での実の家族で、和気藹々としたネットでの交流に比してリアルでは崩壊した家庭だった。

現実の通貨で3億円もの賞金がかかったレアモンスター「黒い鳥」をめぐるギルド間の対立抗争というネット世界でのバトル展開を一方の軸に、仮想世界と現実世界を行き来して描かれる対照的な家族関係をもう一方の軸にして構成されたストーリー。ネトゲ廃人の引きこもりを主人公に鬱々とした空気感を漂わせつつも、テキパキした展開で中だるみせずに読ませる裏サンデーらしいエンタメ作品に仕上がっております。

読み進めていくと、多くのギルドが狙うレアモンスターの正体は現実世界のプレイヤーに生命の危機をもたらす凶悪なプログラムで……なんて、今や懐かしの『.hack』シリーズなどを髣髴とさせる展開に。かの作品は真下耕一監督のねっとりした演出でサスペンスに寄せたアニメ版が印象的ですが、本作はまったく趣が異なって、リアルとネットの二項対立的な関係性や落差をより鮮烈に表現し、それを大胆に駆使して驚きを生み出す作劇に重きを置いた作り方。今後の展開が楽しみな一本、今のうちから追いかけてみてはいかがでしょう!

 ⇒今すぐ読む!

『グッド・ナイト・ワールド』掲載情報

・作者:岡部 閏
・掲載メディア:裏サンデー