【Excelのアレ】別々のセルに入力した姓名をひとつのセルに連結する方法

Excel085

Excelで住所録などを作成した時、「氏名のデータをわざわざ姓名で別のセルに分ける必要なかったかも……」とモヤモヤすることがたまにあるかも。別々の文字列を一つのセルに連結する方法を覚えておけばラクに直せますよ!

※本記事では「Microsoft Office Excel 2016」を例にしております。

文字列連結子「&」で別々のセルを連結する

Excel086

▲まずは連結後の文字列を入れたいセルを選択して、「=」を入力。

Excel087

▲続けて、連結したい文字列が入ったセルのセルアドレスを入力します。ちなみにセルを選択するだけでも、自動でアドレスが入力されます。

Excel088

▲次に「&」を入力した後、同じ要領でもうひとつの連結したい文字列のセルを選択。この状態で「Enter」を押すと……

Excel089

▲姓・名の文字列が同じセルに表示されるようになりました。このセルを選択して右下のオートフィルハンドルをドラッグすれば、別のセルにも同じように連結した氏名のデータが入ります。

Excel090

▲氏名の間にスペースなどを入れたい場合、「=C3&” ”&D3」のように任意の文字を「&”」「”&」で挟めばOKです。

【Excelのアレ】列の幅を統一して表を見やすくする小ワザ

【Excelのアレ】入力候補リストを作って表作成の手間を省く小ワザ

【Excelのアレ】入力できる内容を制限してミスを少なくする小ワザ