【Windows10のアレ】エクスプローラ上でのファイル拡張子の表示・アイコンサイズの変更

index_windows10
無料のアップグレードキャンペーンが大々的に開催中で、世界で3億台を超えるデバイスで使用されているというWindows 10。インストールしたはいいものの、今までに利用していたバージョンのWindowsと操作が異なりまだなじめないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、Windows 10を使う上で知っておくと役立つテクニックを紹介していきます。

今回紹介するのはエクスプローラー上でのファイルの表示方法を変更する方法。以前のバージョンのWindowsとは使用するメニューが変わっているので知らないとハマってしまい戸惑うポイントです。ファイルの拡張子を変更したり、アイコンサイズを変更したりといった設定変更を行う際には必須なので覚えておいて損はありません。

※本記事では「Microsoft Windows 10 Pro」を例にしております。

01
▲ファイルの拡張子が表示されていないと、アイコン以外でファイル内容の判断がしずらく不便。誤って意図せぬ「.exe」を起動させてしまいウィルスに感染してしまうといった危険もあります。

02a

▲拡張子を表示させるには、エクスプローラのウィンドウ上部に表示されている「表示」タブをクリック。

03a

▲「表示 / 非表示」欄に表示されている項目の「ファイル名拡張子」にチェックを入れると、エクスプローラ上でファイルの拡張子が表示されるようになります。

05a

▲アイコンサイズの変更も「表示」タブで行います。「特大アイコン」から「詳細」までの6段階のサイズが用意され、マウスカーソルを乗せるとそのサイズのアイコンが一時的に表示。使用したいサイズをクリックすれば表示が切り替わります。

【Windows10のアレ】システム・デバイス・パーソナル設定など各種設定を一発で呼び出す

03

【Wordのアレ】画面を2分割して文書内の異なるページを並べて比較する

ec02

【iPhoneのアレ】iOSをアプデしたら「iCloudの容量不足」とか出てイラつている人のための解消方法

2016062059