まろやか「水出しコーヒー」がラクに作れる! ハリオ『フィルターインコーヒーボトル』を試してみた

2016062618

あちぃ〜。アイスコーヒーのみたい〜……という事態に備えて「水出しコーヒー」を作っておきたいけど、面倒じゃね? と思っているアナタ! HARIO(ハリオ)の『フィルターインコーヒーボトル』がおすすめです。手軽にお好みのコーヒー豆で水出しコーヒーが作れますよ!

※本記事で使用している写真は許諾不要で各種メディアへ転載いただけます。引用・転載時は当サイトへのリンクとともに「出典元:mitok」など出典元を明記いただけますようお願いいたします。

ハリオ『フィルターインコーヒーボトル』って?

2016062601

こちらがハリオ製『フィルターインコーヒーボトル』。耐熱ガラス仕様で、出来上がり容量650mlほど。アマゾンでの実売価格は1,800円程度ですかね。写真のモデルは「モカ」カラーです。

2016062603

ガラスボトルのほか、コーヒー粉を入れるストレーナーなど数点のパーツで構成されます。

水出しコーヒーを作ってみますかね

2016062604

まずはお好きなコーヒー豆を用意。水出し用コーヒー豆がいいとは思いますが、今回は普通(?)の豆にしました。アイスコーヒーは酸味が強めに出るので、苦味の強い、深煎り系がおすすめです。

2016062605

650ml(約4〜5杯分)を作るためには、55グラムほどのコーヒー粉が必要とのこと。豆は中細挽きに。ちょ、ちょっとグラインダー回しすぎたかも……。

2016062606

コーヒー粉をストレーナーに入れます。

2016062607

ストレーナーの上部パーツをセット。

2016062608

ストレーナーを注ぎ口にセットし、それをさらにボトルにセットします。

2016062609

注ぎ口から水をゆっくりと指定ライン(約700ml)まで入れていきます。ミネラルウォーターを使う場合は軟水で。それ以外でもカルキ臭は抜いたものを。

2016062610

注ぎ口の栓を閉めます。注ぎ口も栓もゴム製なんです。

2016062611

あとはゆ〜ったりと振って、水とコーヒー粉をなじませてあげましょう。

2016062613

最後に冷蔵庫へ。抽出時間は8時間です。

まろやかな水出しコーヒーが……完成!

2016062614

こちらが8時間抽出し、ついに水出しコーヒー完成!

2016062615

あとはグラスに注ぐだけ。

2016062616

冷たくてもちゃんとコーヒーの香りが立つし、まろやかな味わいに。こんなに手軽に水出しコーヒーが作れるのはアリですね! 一応、コーヒーメーカーで淹れたコーヒーも冷やしてみましたが、香りが弱まり、苦味が際立つ味になっていました。水出し勝利! あ、抽出後の保存期限は2、3日というところなので、お早めにお召し上がりを。

2016062617

まぁ、手軽に、とは言いましたが、フレンチプレスなんかと同様、後片付けが面倒なんですよねぇ。そのへんはペーパードリップのラクさに軍配です。

この夏は水出しコーヒーデビュー、ど〜すか!

2016062602

『フィルターインコーヒーボトル』を使って、朝起きたら水出しコーヒー出来てる生活、いかがでしょうか?

<参考リンク>
ハリオ|フィルターインコーヒーボトル