【Excelのアレ】改ページする区切りを指定して表を読みやすく印刷する

Excel100

Excelで作った表がページをまたいて印刷されてしまうのはよくあること。1ページに収められないほど大きな表は、ページの境界を設定して読みやすく印刷しておくのがベストです!

※本記事では「Microsoft Office Excel 2016」を例にしております。

「改ページプレビュー」と「改ページの挿入」を活用する

Excel101

▲Excelで印刷したい表を開いたら、画面右下のズームスライダー横に並んだ3つのうち「改ページプレビュー」ボタンをクリックします。

Excel102

▲ページの境界が青い点線で示されます。点線にポインターをあわせて、改ページしたい行までドラッグしましょう。

Excel103

▲これで任意の場所でページを区切って印刷することができます。

Excel104

▲もうひとつの手軽な方法もおさえておきましょう。改行を入れたい行を選択したら、「ページレイアウト」タブの「改ページ」ボタンをクリック。

Excel105

▲ドロップダウンから「改ページの挿入」を選ぶと、この行でページを改めて印刷されるようになります。

Excel106

▲どこに改ページを設定したかを分かりやすく確認するには、「改ページプレビュー」を再度開けばOKです。

【Excelのアレ】大きな表を画面ピッタリに拡大して作業しやすくする小ワザ

【Excelのアレ】入力できる文字の種類を指定してミスをなくす小ワザ

【Excelのアレ】別々のセルに入力した姓名をひとつのセルに連結する方法