【Windows10のアレ】タスクバーへアプリのショートカットを追加・削除する

index_windows10
無料のアップグレードキャンペーンが大々的に開催中で、世界で3億台を超えるデバイスで使用されているというWindows 10。インストールしたはいいものの、今までに利用していたバージョンのWindowsと操作が異なりまだなじめないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、Windows 10を使う上で知っておくと役立つテクニックを紹介していきます。

今回紹介するのはデスクトップの最下段に表示される“タスクバー”へのショートカット項目の追加方法。以前のバージョンのWindowsからある機能ですが、項目追加の際に使用するメニューなどが若干異なっているので確認しておけば安心です。

※本記事では「Microsoft Windows 10 Pro」を例にしております。

01a
▲Windows 10を起動させると、再下段に表示されているアイコンの並んだ部分が“タスクバー”。アイコンをクリックすれば、すぐにそのアプリが起動するショートカットになっているのはこれまでのバージョンのWindowsと同様です。

02a

▲タスクバーに追加したアプリや、そのアプリのショートカットアイコンを右クリックし、「タスクバーにピン留めする」を選択します。ピン留めするという、Windows 10の独特の表現に戸惑うかもしれませんが、タスクバーへの項目追加はこれだけでOK。

03a

▲タスクバーに新しくアイコンが追加されました。タスクバーに追加されたアイコンには左から0~9の数字が割り当てられ(最大10項目)、【Windows】キー+【0~9】キーを同時に押すことで任意のアプリをすぐに起動させることもできるので覚えておくと良いでしょう。

04a

▲項目を取り除くには、タスクバーに表示されたアイコンを右クリックして「タスクバーからピン留めを外す」を選択。簡単に項目を追加、削除できるので、どのアプリを配置しておけば便利か試行錯誤して使いやすいデスクトップを作るのもスムーズです。

【Windows10のアレ】システム・デバイス・パーソナル設定など各種設定を一発で呼び出す

03

【Wordのアレ】画面を2分割して文書内の異なるページを並べて比較する

ec02

【iPhoneのアレ】iOSをアプデしたら「iCloudの容量不足」とか出てイラつている人のための解消方法

2016062059