【Excelのアレ】数値の増減を色分けしてわかりやすく比較する方法

Excel112

今月の売上から毎日の来客数まで、日々変動するデータをExcelで管理することは多いハズ。「数値の増減を分かりやすく表示させたい」という場合、ちょっと条件付けが面倒になりますが、一番ラクな方法だけさらっと確認しておくだけでも違いますよ!

※本記事では「Microsoft Office Excel 2016」を例にしております。

「条件付き書式」の「セルの強調表示」機能でセルに色をつける

Excel107

▲比較したいデータのセルを全部選択したら、「ホーム」タブの「条件付き書式」ボタンをクリックします。

Excel108

▲続けて「セルの強調表示ルール」⇒「指定の値より大きい」を選択します。

Excel109

▲ここで基準値を取りたいので、比較したいデータのなかで最も平均値をとっているセルを選択しましょう。続いて書式欄で、任意の色分けを設定します。ここでは売上が良かった日を緑で表示するようにしました。

Excel110

▲続けて比較したいデータを選択したまま、「条件付き書式」⇒「セルの強調表示ルール」から「指定の値より小さい」をクリック。

Excel111

▲同じく基準値のセルを選択してアドレスが入ったら、好みの書式を設定します。ここでは売上が低かった日を赤で表示するようにしました。

Excel112

▲これだけでも日々変動するデータの増減が、わかりやすく見渡せるようになります。

 

【Excelのアレ】改ページする区切りを指定して表を読みやすく印刷する

【Excelのアレ】大きな表を画面ピッタリに拡大して作業しやすくする小ワザ

【Excelのアレ】入力できる文字の種類を指定してミスをなくす小ワザ