【気になるイベント】メディア芸術祭受賞作品展、本日から開催! マンガ部門の原画・資料展示に島本和彦『アオイホノオ』など

0204media

本日2月4日(水)から東京・六本木の国立新美術館にて、第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展が開催! アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の4部門ごとに選ばれた作品たちの展示、上映、パフォーマンスが集結したビッグイベントです。入場料、全てのプログラムへの参加ともに無料なので、気になったら迷わず見に行っちゃいましょう!

世界71ヶ国の3,853作品から選ばれた約160点の芸術作品たちは、10日以上の会期があっても全部見きれるかわからないほどの大ボリューム。普段馴染みのないアート系作品に触れてみるのも楽しいですが、「この作品も受賞してたんだ!」という発見もあるのが面白いところ。

たとえばマンガ部門では、ドラマ版も話題になった島本和彦『アオイホノオ』、津原泰水原作の近藤ようこ『五色の舟』阿部共実『ちーちゃんはちょっと足りない』といった受賞作の原画が展示されています。

さらに、シネマート六本木のマンガライブラリーでは受賞作品の単行本を自由に読むことができるので、展示を見て興味を持った作品をすぐにチェックすることも可能。これはファンならずとも、ぜひ足を運んでおきたいところ!

各部門や関連イベントによって開催場所が分かれているので、詳しい開催概要を公式サイトで確認して、見たい展示を決めてから行くのがオススメですよ。

第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 イベント情報