【Windows10のアレ】タスクバーのWeb検索機能をオフにする / 検索対象を特定形式のファイルに限定する

index_windows10
無料のアップグレードキャンペーンが大々的に開催中で、世界で3億台を超えるデバイスで使用されているというWindows 10。インストールしたはいいものの、今までに利用していたバージョンのWindowsと操作が異なりまだなじめないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、Windows 10を使う上で知っておくと役立つテクニックを紹介していきます。

今回紹介するのはタスクバーから検索を行う際の対象を変更する方法。タスクバーからの検索は初期状態でPC内に保存されているローカルファイルのほか、Webでの検索を行う仕様になっていますが、Web検索を行わずにローカルファイルのみを検索するよう設定変更することもできます。Web検索はブラウザからのみ行い、ローカルファイルを検索する時のみタスクバーを使用するといった形ではっきり用途を分けたい時、また特定の形式のファイルのみを検索したい時には知っておくと便利です。

※本記事では「Microsoft Windows 10 Pro」を例にしております。

01a
▲初期状態では、タスクバーに表示された検索ボックスから検索を行うと入力したキーワードでのWeb検索とローカルファイル検索の両方の結果が表示されるようになっています。

02

▲Web検索の結果から表示された候補をクリックすると、ブラウザが起動して検索結果を参照することができます。

06a

▲検索ボックスをクリックした際に表示されるウィンドウの左に表示されたメニューの一番上にある、家のマークのアイコンをクリックすると表示が切り替わり「アプリ」「設定」「ドキュメント」「写真」「音楽」「Web」の6つのボタンが表示。いずれかをクリックしてから検索キーワードを入力すれば、特定の形式のファイルのみを対象に検索を行うことができます。

04a

▲Web検索機能が不要な場合は、左に表示された歯車マークのアイコンをクリックし、「オンラインで検索し、Web検索結果を含める」をオフにすればOK。

05

▲Web検索を行わない場合、検索ボックスに何も入力していない時に「Windows を検索」と表示されるようになります。

【Windows10のアレ】システム・デバイス・パーソナル設定など各種設定を一発で呼び出す

03

【Wordのアレ】画面を2分割して文書内の異なるページを並べて比較する

ec02

【iPhoneのアレ】iOSをアプデしたら「iCloudの容量不足」とか出てイラつている人のための解消方法

2016062059