食べかけのお菓子袋をとじるのに「紙針ホッチキス」が意外と使える

1
食べかけの菓子袋、皆さんはどうやって閉めていますか? 輪ゴム?それともセロハンテープ? 輪ゴムやテープで閉じると、袋の口をねじるので中身がツブれてしまうのがイヤですよね。それに袋もグシャグシャになってしまって、ちょっとみっともないし…。

そこでユニークな方法としてご紹介したいのが、例のマックス製「紙針ホッチキス」でとじる方法です!

袋の口を、たたんでバチン!でOK

食べて中身の減ったお菓子の袋。それを

3
このように折りたたんでいきます。

4
そして紙封筒の封を作るようなイメージで口を折っていくと、いい感じに。

5
ここでマックス製紙針ホッチキス『P-KISS10』の出番です。口をバチン!と閉じてしまいましょう!

6
金属針のホッチキスだと小さいのでうまくいきませんが、幅の広い紙針ならキレイに閉じることができます。きちんと口を折れば、逆さまにしても中身が出てくることはありません!

また金属針だと、外すときにうっかりお菓子の中に紛れ込んでしまうと危険。しかし紙針ならすぐにみつかりますし、万が一口に入れてしまってもケガをする心配がないので安心です。

それに……輪ゴムと違って、封を開ければ簡単にわかってしまいます。子供のつまみ食い防止にも役立つかも!?

もちろんお菓子以外にも、調味料や乾物の袋にも応用できます。近い将来、ホッチキスが台所用品の定番になる日が来るかもしれませんよ~?


金属針じゃない「紙針」ホッチキス、知ってる? 綴じるチカラけっこう強い&異物混入対策にもお役立ち

2016080278