オーストリア伝統菓子『アップルシュトルーデル』のコストコ版が食べきれない量なのに買ってOKなワケ

2016081240

近ごろコストコのベーカリーコーナーで猛プッシュされている『アップルシュトルーデル』なるお菓子。アップルパイのように見えるけど、なんか違う。関心はあっても、警戒心のほうが立って購入を躊躇している……なんて方、これ、ほどよいスイーツ感と小腹満たしに十分なサイズ、さらに冷凍もOKと、なかなか実用的なおやつですよ!

コストコPB『アップルシュトルーデル』

おすすめ度 ★★★☆☆

2016081235

商品のおすすめポイント!

  • 1パック8個入り1,180円(税込)
  • 1個あたり147.5円
  • 1個あたり約130グラムのボリューム感!
  • ほどよい甘酸っぱさのリンゴフィリング
  • もっちり感の織り重ね生地の食感がイイ!
  • 食べきれない分は冷凍保存OK
  • トーストすると表面のサックリ感とリンゴの風味が増して美味しく!

やっぱり1キロ超えちゃうんだ……

2016081236

強引な入れ方で8個1パックとなった『アップルシュトルーデル』。正味量1,034グラムで1,180円でした。聞き慣れぬ、見慣れぬフードのため、安いのか高いのかも判断つきませんが、単純に量的なものを考えれば安いかと。

2016081237

やっぱりデカいんですよねぇ。パッケージのサイズよりは、アップルシュトルーデルひとつひとつの大きさが尋常ではないように見えます。

おや? さっくりねっとりした不思議な食感だぞ?

2016081238

シュトルーデルとはWikipediaによりますればオーストリア地域で誕生した「シュトゥルーデル生地で調理したリンゴを巻いた」パイなのだそう。薄いシュトゥルーデル生地なるものを何層にも重ねて具を巻き、オープンで焼くお菓子。具の代表例がリンゴのようですね。

2016081239

そんなアップルシュトルーデル、やたらと大きいサイズのものが8個も入っています。

2016081242

織り重ねたシュトルーデル生地を編み込むように仕上げたルックスはなにやら高貴な感じ。……ん? 手に持つと、けっこうベタつくんですね〜。食べるときはナイフとフォークを用意したほうがよさそう。

2016081243

生地の合間から覗くリンゴのフィリング。シャキシャキしたリンゴを味わう感じではなく、ほどよい甘酸っぱさのリンゴジャムってところ。さきほどのベタつきの原因はこれですね(笑)

2016081244

肝心の生地はとにかく不思議な食感。表面上はサクサクしていますが、幾層にも織り重ねられた生地が独特のもっちり感を出していて、噛み切る際も大げさに言うとちょっと伸びる感覚があります。生地自体にも甘味があるみたいで、これは不思議うまい!

2016081925

独特の弾力性を持った生地とジャムのようなリンゴのフィリングがよく合いますね。紅茶やコーヒーと一緒に食べたい、ちょっと大人なスイーツでしょう。

トースターで焼けばもっと香ばしく美味しく!

2016081926

食べきれない分はジップロックなどに入れて冷凍保存しておきましょう。

2016081924

解凍してトースターで焼けば、さらに香ばしいアップルシュトルーデルに! これ、購入直後もちょっとトーストするといいと思います。表面のサクサク感が増し、リンゴがアツアツになって甘酸っぱさが増すので。

デカすぎて消費できるか不安なコストコ版『アップルシュトルーデル』。でも、冷凍しても美味しく食べられるので大丈夫。小腹も満たされるし、実用的なお菓子って感じでおすすめっす!

【コストコ】1キロ直径30センチ『トリプルチーズタルト』は巨大すぎでも味はカフェ級で間違いなし!!

2016081104

【コストコ】アイスケーキにしてみ? 1.5キロ超『ブルーベリーチーズムースタルト』は凍らせたほうが美味い

2016081215