【ネタバレ注意!?】シン・ゴジラ2回目を10倍楽しく鑑賞するために知っておきたい劇中設定まとめ

2016082164

8月19日時点で興行収入が40億円を記録し、引き続き大ヒットとなっている『シン・ゴジラ』。その理由として、作品自体が面白いのはもちろんですが、リピート鑑賞者が多いことも挙げられるでしょう。

本来ならば3時間を超えるほどの分量の脚本を2時間に収めているため、情報量が半端ありません。登場人物たちは早口で喋り倒し。また、シーンもポンポンとテンポよく変わっていくため、画面内の情報を読み取り切れないことも。おかげで2回、3回と観ても新しい発見が……(Blu-rayはよ!)。

そこで、『シン・ゴジラ』を1回観ただけだと「?」が浮かびがちなところをざっと並べてみました。また、作中で描かれている「主要キャラクターの設定」も整理してみました。これを読んでもう1回観ると、内容をより理解できて楽しめるはず!

※映画を未見の方、この記事にはネタバレが多数含まれております。が、初回観賞の助けとなる内容とも言えます。もし「ネタバレ絶対厳禁!」でなければ、ぜひ先にお読みください。また、ネタバレOKの方はこちらの記事(【超ネタバレ注意】矢口にデレる赤坂――シン・ゴジラ最大の人間ドラマはここにある!)もぜひご覧いただければと思います!

漂流していたプレジャーボートの情報まとめ

まずは、冒頭のシーンを整理しておきましょう。

船名「GLORY MARU」

初代『ゴジラ』に出てきた「栄光丸」へのオマージュ。

船籍番号「MJG15041」

庵野監督が好きな特撮番組『マイティジャック』。その主人公メカである万能戦艦マイティ号(通称:MJ号)は全幅150m、全高41mだそうです。

遺留物

きっちり揃えられた靴宮沢賢治『春と修羅』折り鶴資料ファイル。そして老眼鏡東京湾の海図がありました。

海図には赤い×印がつけられており、それが画面に映った直後、水蒸気の爆発が起きます。つまりこの船に乗っていた人物は、×印をつけた場所で何かを「好きにした」……と解釈できます。

 

矢口蘭堂 内閣官房副長官・政務担当(長谷川博己)

官僚ではなく政治家

筆者は、1回めは思いっきり勘違いして観てしまいました。「官僚が、10年後に政治家に転身する話をしているのかな?」とか思いながら。

実際には、泉(泉修一 保守第一党政調副会長)と同様、選挙で選ばれた「先生」です。しかも、矢口は二世議員のようですね。

作中では「親のコネも臆することなく利用する」と言及されており(赤坂のセリフ)、直後のシーンでそれが示されます。「こんなときに人探しですか」と愚痴る警察庁刑事局長(モロ師岡)に対し、沢口警察庁長官官房長(古田新太)が「(矢口の)先代には世話になったからな」と答えていました。

赤坂は、カヨコと矢口を同じタイプと評価していました。実際、カヨコは矢口に「あなたの手段を選ばないところ、気に入っている」と話しています。やはり親近感が湧くということでしょうか。

矢口を官房副長官に推したのは東

矢口が官房副長官という役職に就いているのは、東竜太内閣官房長官(柄本明)の推しがあったから(赤坂のセリフ)。先代から後見を頼まれたのか、それとも矢口蘭堂自身を買っていたのか。それを踏まえて矢口と東の絡みを追うとなかなか味わい深いです。たとえば……、

矢口の勝手な発言に「矢口、閣僚会議の席だ、冗談はよせ!」とたしなめる東。

矢口が車で移動することに「もう出ろ、君たちのほうが時間がかかる。渋滞で大変だろうが、向こうで会おう」と苦労をねぎらう東。それに対して矢口は「はい、這ってでも行きます」と返していました。

 

カヨコ・アン・パタースン 米国大統領特使(石原さとみ)

親がすごいらしい

父親のパタースン上院議員は「カーン合意」の黒幕だそうです(東のセリフ)。カーン合意は作中の設定で、詳細は不明。言葉の意味はわからないものの、父親はかなりの大物政治家っぽいですね。

あと、おばあちゃんは日本人。

大統領次席補佐官に同行して来日

カヨコは大統領特使として、大統領次席補佐官に同行して来日しました(赤坂のセリフ)。大統領の補佐官は、大統領の側近中の側近です。大統領にさまざまな助言を行う、ブレーン的な存在だったりもするとか。

劇中で、期限を1日伸ばせるかどうかというときに、カヨコが飛行機の機内で話す相手は「カスリー米国政府高官」。米国政府内に核攻撃推進派がいる中で、彼が大統領に進言をしたことが、延期のダメ押しとなったようです。

大統領補佐官も「政府高官」です。ならば、この顔が映らないカスリーこそがカヨコと一緒に来日した大統領次席補佐官でしょうか? とはいえ、あえてテロップを「大統領次席補佐官」としなかった以上、別人なのかもしれません。

カスリーはこの段階で、カヨコを日本に残して帰国したようですね。

 

赤坂秀樹 内閣総理大臣補佐官・国家安全保障担当(竹之内豊)

矢口をたしなめる役

「やんちゃもいいが、お前を推した長官のお立場も考えろ」「完璧ではないが、最善を尽くしている。うぬぼれるな矢口」「矢口、夢ではなく、現実を見て考えろ」などなど。

東官房長官が赤坂に「(カヨコは)親からの才能と七光りでのし上がる。君の苦手なタイプだろう」と言っているので、赤坂はそういう恵まれた環境なしに政治家になった人物だと推察できます。

このシーンで、赤坂は「(カヨコは)親のコネも躊躇せず利用する、矢口と同じ政治家タイプ」と評しています。ということは、矢口に対しても苦手意識というか、気に入らない想いを抱えていると考えられます。

「矢口の冗談が現実になれば、受け入れるしかないか」なんて独りごちるセリフもあります。

政治家としての評価

赤坂はかなりの切れ者として描かれています。たとえば、カヨコ・アン・パタースンが日本側の窓口として最初に選んだ人物でした。が、赤坂が断ったので矢口に。カヨコは「ランドウ・ヤグチがベターな選択」と評していたので、つまり赤坂が「ベストな選択」ということでしょう。

「ホワイトハウスとやりあうなら、駆け引きのうまい赤坂補佐官に期待するしかないよ」との官庁職員(?)の発言もあり。

B-2爆撃機がグァムを出撃したとの報が入り、赤坂は国家安全保障担当として横田基地(在日アメリカ空軍司令部)に確認に行きます。結果として生存。泉は、その運のよさも政治家の資質だと評価していました。

最後までゴジラと呼ばない

序盤で「こんなときに名前なんてどうでもいいでしょう」と発言。そして最後まで「巨大不明生物」と呼称し続けていました。

次のページでは泉ちゃんの謎セリフに迫ります!