いくらパクチー好きでも『パクチーモヒート』はキツイでしょ……アレ? クセ控えめで爽やか飲みやすい!

2016082573

輸入食品や食材を扱うカルディコーヒーファームでは、パクチー関連商品がわりと豊富。なにせ『パクチーモヒート』もあるくらい! モヒートといえばラムベースにミントやレモンを加えた爽やかなカクテルなんですが、まさかのパクチー。めっちゃ気になるので飲んでみましたよ!

カルディ『パクチーモヒート』429円

おすすめ度 ★★★☆☆

2016082572

『パクチーモヒート』は、高知県は安芸市の菊水酒造株式会社の製造。白を基調としたラベルにパクチーやライムなどのイラスト入りでさわやかなデザインです。カタカナで“パクチーモヒート”と大きく入っているのに加え、英語表記の“Coriander MOJITO”も併記されています。

03

1瓶の内容量は200mlでアルコール分は11度以上12度未満。リキュールに分類され、パクチー、レモン、糖類、酒精、ラム(国産)、香料が原材料となっています。アルコールが入っているので“お酒”表記もアリ。

04

瓶からコップに移し、氷も入れた『パクチーモヒート』。薄緑の色は、瓶ではなくお酒自体についています。パクチーをウリにした商品ですが、香りはそれほど強くなく通常のモヒートと変わりません。

飲んでみると、ラムの風味に加えレモンの味が強めでかなりすっきりとした味わい。パクチーの味わいはうっすらと口の中に広がる程度でパクチー独特のクセのある味や香りはけっこう控えめです。パクチーを使った飲食物は、クセの強いものも多いですが、これはそういった中でかなり飲みやすい部類と言えるでしょう。もともとモヒートが好きな人なら違和感なく飲めそうです。

05

レモンの酸味が効いたスッキリした味わいが特徴の『パクチーモヒート』。爽やかな風味はまだ暑さの残るこの時期にハマります。強烈なクセのあるパクチーの味や香りはありませんが、その分飲みやすいので気軽に試すことができそうです。よりパクチー感を求めるなら、別途用意したパクチーを加えるといったアレンジも良いかもしれません。

パクチー入りのお酒を飲んでみたい人、一風変わったモヒートを飲んでみたいという人は店頭でみかけたらチャレンジしてみてはいかがでしょう。価格は税込みで429円とやや高めではありますが、他にはない味わいが楽しめることは間違いナシです。飲みやすさが特徴の商品ではありますが、アルコール度数は11度とビールや缶チューハイなどよりも高めなので飲みすぎにはご注意を。

<参考リンク>
パクチーモヒート | 新商品情報 | カルディコーヒーファーム