【超ネタバレ注意】矢口にデレる赤坂――シン・ゴジラ最大の人間ドラマはここにある!

2016082164

ついに興行収入50億円を突破した『シン・ゴジラ』。筆者も5回観ましたが、まだまだ飽きませんね。とくに前半のみなぎる緊張感が癖になります。さて今回は、この作品の最大の見所である、赤坂が矢口に「デレる」シーンについて語りたいと思います。

はい、「そんなシーン、なかったよな」というご意見が多いかと存じます。

もちろんです。直接描かれていたわけではありません。ですが、何回か映画を観て、考えれば考えるほど、そうに違いない! という結論に至りましたので(自己洗脳ともいう)、順を追って説明させていただきます。

※この記事には、映画のネタバレが盛大に含まれています。未見の方はご注意ください!

映画の構成についての確認

この映画はものすごく素直な構成になっており、基本的に劇中の時間は一方向に流れていきます。「実はこのとき、別の場所でこんなことが…」というふうに時間が戻るシーンはありませんし(夜のゴジラ覚醒のシーンだけは例外かも?)、誰かの回想が挟まることもありません。次に来るシーンは、必ず未来になっています。

また、前のシーンで振られた課題の答え合わせを、続くシーンですぐにやってくれます。含みのあるセリフの意味を、次のシーンで説明していたりするんですね。

例を挙げると……

シーン その1

  • 赤坂「親のコネも躊躇なく利用する、矢口と同じ政治家タイプです」
  • 沢口警察庁長官官房長(古田新太)の「(矢口の)先代には世話になったからな」。「最優先で頼む、鑑取りにどれだけ人を割いても構わん」とまで言っているので、かなり強力なコネですね。

シーン その2

  • カヨコ「あなたの国は、誰が決めるの?」
  • 復興法案に記入された大河内総理の花押(=総理大臣が決める)

シーン その3

  • 「人類の英知の火を使うしかない」と退場するアメリカの調査団
  • カヨコに即時退去の命令が入る

などなど。これを前提として作品を鑑賞し、導き出したのが以下の文章です。

そもそも赤坂は矢口をどう思っているのか?

前回の記事にも書きましたが、赤坂はことあるごとに矢口をたしなめます。

  • 「やんちゃもいいが、お前を推した長官のお立場も考えろ」
  • 「完璧ではないが、最善を尽くしている。うぬぼれるな矢口」
  • 「矢口、夢ではなく、現実を見て考えろ」

このほかにも、巨大不明生物の移動経路に放射線が検知されたので記者会見を開くべきだという矢口に対し、赤坂は「国民に公表する法的根拠もないし、騒ぐほどの線量値でもない」と否定しにかかっていました。

さらに、矢口には「大統領特使がお前にアポを入れてきたという情報もある」と他人事のように話しますが、実は大統領特使=カヨコが最初にアポを入れたのは赤坂だったと明かされます。
赤坂が矢口に心を開いているなら「面倒だからお前に任せた」などと冗談めかして言いそうなもの。なのにこれは、かなりよそよそしい対応ですし、さらに言えば「嫌がらせ」的なものさえ感じます。

赤坂は矢口を好ましく思っていない。

その理由として示唆されているのは、赤坂と東官房長官との会話です。

これも前回にまとめた内容ですが、

東官房長官の「(カヨコは)親からの才能と七光りでのし上がる。君の苦手なタイプだろう」という発言。赤坂の「(カヨコは)親のコネも躊躇せず利用する、矢口と同じ政治家タイプ」という発言。

これらを併せて考えると、赤坂は矢口のことを「気に入らない存在」として疎んでいる可能性が高そうです。

先ほど挙げた、矢口が官房長官室で放射線の件で記者会見すべきと提言した件。赤坂は否定しますが、東は「私がやろう、総理には伝えておく」と、聞き入れました。東は矢口を副長官に推した人物であり、「また矢口が贔屓された」わけで、赤坂としては面白くなかったことでしょう。

矢口は赤坂をどう思っている?

一方の矢口の方はというと、赤坂にたしなめられようが、まったく意に介していない様子。閣僚会議の席で「いまいちど提言いたします」と発言して今度は東官房長官に叱られたり、自衛隊の出動が決まったあと気持ちが緩む金井大臣たちに対し、旧日本軍を例に出して「根拠のない楽観は禁物です」と言ったり、生意気が止まりません。というかこの人、物語を推進する主人公としては優れていますが、現実にいたらけっこうヤバイかも。

さて、自分の目の前に何度も何度も立ちふさがってくる赤坂に対し、矢口はどう思っているのでしょうか?

立川にて、矢口が臨時政府の特命担当大臣になったと知り、それを祝福する泉。しかし矢口は「聞こえはいいが失敗したときのハラキリ要員だ。赤坂さんの抜け目のない采配だよ」と、決して喜んではいません。

そんな矢口に対し、泉は「君、なぜ政治家になった?」と問います。それに対する矢口の答えは「政界には敵か味方しかいない。シンプルだ。性にあってる」でした。

この流れで考えると、矢口にとっても赤坂は「味方」というよりは「敵」側に位置していると言えそうです。

そんな2人の関係が変化したのは……? 次のページで!