エイリアンの好物かよ! 『ブラックホールかきあげ丼』など「宇宙と芸術展」のフードメニューが攻めすぎ

2016090113

森美術館で開催中の『宇宙と芸術展』で9月12日(月)より、宇宙的コラボフードの提供がはじまります。メニューは『ブラックホールかきあげ丼』『惑星と時空間のパフェ』『惑星と時空間のスイーツプレート』の3点。……冗談みたいな名称とちょっと痛い系な名称がまざりあい、カオスな雰囲気、感じませんか? どんなメニューなのでしょうか!?

『宇宙と芸術展』をイメージするとこんなフードになるの!?

2016090118

『宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ』は東京・六本木の森美術館で開催中の宇宙をテーマにした展覧会。さまざまな芸術の中で表現されてきた宇宙に関する出展物約200点を見ることができます。さらに9月12日の「宇宙の日」(毛利衛さんが宇宙へ飛び立った日)からは、食の面からも宇宙に触れてもらおうと、特別コラボメニューを提供することになったそう。宇宙食? いいえちがいます。まったく違います!

『ブラックホールかきあげ丼』1,280 円

2016090113

古今東西「ブラックホール」と「かきあげ丼」というふたつの名詞が一緒になることなんてあったのでしょうか。竹炭で漆黒の姿となったかき揚げはまさにブラックホール! まる焦げになったわけじゃありません(お米も黒いらしい)。ちなみにうずらの卵や金箔、銀シュガーは星々をあらわしているそうです!

『惑星と時空間のパフェ』900円

2016090115

あら、深宇宙を感じさせて美しくないですか、このパフェ? ティラミスアイスと柚子アイスで惑星をイメージしたそうな。ブルーのソーダゼリー、ブルーベリーソース、パンナコッタなどの食材が渾然一体となって銀河級のパフェに仕上がっております。いや~「惑星と時空間」という言葉、中二ゴコロを刺激しますね!(提供期間は10月31日まで)

『惑星と時空間のスイーツプレート』1,200円

2016090116

なんとまぁアーティスティック! これぞスペース・スイーツ・アート。宇宙ステーションから見える世界をプレート上にスイーツで再現したそう。惑星に見立てたカシスムースにピスタチオアイス、隕石は焼きチョコで、流れ星はチーズケーキで……ノリノリじゃないですか!?

*    *    *

そんな『宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ』の開催期間は来年1月9日(月)までです。