『インターネット白書2013-2014』無料公開!「インターネット白書ARCHIVES」で歴史を振り返る

20150212internet

毎年発行されている書籍『インターネット白書』のバックナンバーを無料で一般公開する「インターネット白書ARCHIVES」で、『インターネット白書2013-2014』の無料公開が開始されました。『インターネット白書2013-2014』の発売から一年が経過。現在と一年前でどうインターネットを取り巻く状況が変わっているか振り返ってみてはいかがでしょう。

「インターネット白書ARCHIVES」では、1996年版から2013-2014年版までのバックナンバーを無料公開中。一年前の状況に限らず、約20年分をさかのぼってインターネットの歴史を振り返ることができます。

インターネット白書1996』のサブタイトルは「報告します。激動のインターネット元年」。一覧表示された各号の表紙のサブタイトルを見て行くだけでも、インターネット人口の増加して行く様子や、当時流行していたインターネット関連のキーワードがうかがうことができます。

各号の本文を読めば、さらに詳しく時代ごとのインターネット環境に関する知識が得られるでしょう。電子書籍やソーシャルネットワークサービス(SNS)など、今となっては一般的になっているサービスが、どうに始まり、どのように利用者を増やしていったのかといった過程を追って見ても面白いかもしれません。

無料の読み物としてはかなりのボリュームで、日本でインターネットがどう利用されてきたかに興味があれば、気になる項目を探して読んで行くだけでかなり楽しめるのではないでしょうか。

『インターネット白書2013-2014』無料公開はこちら
インターネット白書ARCHIVES